kazuo kawasaki's official blog

「資本主義からの逃走」
 「逃走とは闘争であり、もっと闘争の生涯を選ぶ」


   


     3月 31st, 2011  Posted 12:00 AM

逃走とは闘争である
「資本主義」に閉じ込められている生涯。
デザイナーという職能ゆえに、
私の発想は、常に企業や行政との関係で具現化されます。
よって、デザインしたモノ、デザインしたコトは、
企業方針や行政制度との整合性が包囲条件でした。
だから、「資本主義」にはなじめなかったのです。
けれども、「社会主義」などというのは、嫌悪感すらあります。
それでも、「資本主義」その基底の「民主主義」、
いづれもイデオロギーですが、
このイデオロギーの解体をしながら、
新たな哲理の発見と創造、これこそデザインだと考えてきました。
逃走してどこに逃げ込むのか、などというのではありません。
いわば、このような思考を「ことば」と「歴史」の中で見いだそうとしてきました。
「ことばとかたちの相対論」を念頭におきながら、
具体的な、機器・装置・環境へのデザインアイディアを提案してきました。
しかし結局、「呑気過ぎた」のです。
たとえば、「仮設住宅」程度ではなくて「佳設住宅」を、
ある大手住宅メーカーと開発してきました。
「仮設」などという「仮」の非常時では復旧でしかないのです。
「佳設」というほどですから「佳人=美人」のごとく、
復興するには「美しい佳人のごとくの住宅」案でした。
これが頓挫しました。理由は、企業トップが脳溢血で倒れてしまいました。
この後継者には、それだけの先進性や美学性が無く、
そのプロジェクトメンバーにもたかだか業務でした。
このようなアイディアは、企業トップに大人物が必要なのです。
正直、現代日本の経営者にたかがデザイナーの戯言でも、
されどデザイナーの理想主義を受け入れる器ある人物が欠落しているのです。
現政権にリーダーがいないのは、企業家界も同様かもしれません。
私の逃走は闘争であったことをなんとなく曖昧にしてました。
そして、この国難こそ、逃走なんて「あとずりしている者への鉄拳」だったとさえ思います。
「復興」をめざして真正面から「闘争」を、命あるかぎり開始します。
私の闘争は、希望をいっぱいにした理想主義です。
「資本主義からの逃走」を「祈望」に止揚していきます。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
 「日本資本主義は天災で、その神話を終焉させられた」


   


     3月 30th, 2011  Posted 12:00 AM

されど、けれど、神話の抹消
敗戦後、私たちは経済大国でした。
一等国家としての恩恵を存分に受けてきました。
そして、なんという悲劇が待ち受けていたのでしょうか。
この天災、さらに明らかな人災=原電事故は、
一瞬にして、私たち国家体制に多大な事件をつきつけました。
被災者数、特に死亡者は3万人になるかもしれません。
東日本大震災事件+原電事件が被害者数の人間を突き落としたのではありません。
被害者数の事件が一人一人にそれぞれの悲劇を与えたのです。
被害者を見つめる日本全国民も各々の悲劇に向き合わされているのです。
だから、私たちはこの大震災+原電事故から復旧し復興するのではありません。
被災者はもちろん、日本人一人一人、さらには地球の人類に復興を突きつけているのです。
原電事故は明らかに人災であり、
その電力会社=資本主義実行での投資効果、自社だけの還元富に、
原電という人類が到達した技術を「安全神話」そのままにしてきたのです。
結果は、周辺市民だけではなくて人類全てに「見えない恐怖」暴力を与えたと言えます。
しかし、これこそ資本主義基底である技術経済の「脆弱さ」を象徴してしまったのでしょう。
復旧は不可能です。
復興にはさらなる人智尽力が求められています。
自然界には存在しない物質は、人類滅亡を示唆しているのです。
原発の「神話」にまだ寄りかかっていることは、決定的自死表明です。
それなら、人智集結と鋭意尽力で、
自然と人間、人工と人間、人間と環境、人間と社会、
国際制度すべてのパラダイム、
その大変更は、まだとても失ってしまった人命、そして記憶、思い出、
財産への別離悲しみが突き刺さって流血したままです。
すなわち、資本主義という神話を断ち切って、
この悲しみから止めどない涙そのままから、
上を見上げなければなりません。
果てしない未来に望まなければなりません。
資本主義の総括的終焉とは、まさに、具体的な原電の「安全神話」、
つまり、「資本主義神話」への決別とその決心です。
「安全神話」には、たかが原子力という人類の奢りがありました。
されど、けれど、もう一度原子力に対決する永遠をめざす創造力こそ、
復興のエネルギーにほかなりません。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「災害への勇気と希望の世代間団結」


   


     3月 29th, 2011  Posted 1:30 AM

若い世代に
今回の大災害は若い世代に残酷です。
無論、被災地の方々、日本人全員もですが、
若い世代30代としましょう。
この世代は、日本の成長期のあの勢いを知りません。
彼らは、日本の不景気、その連続を見てきたと思います。
私など団塊の世代は、高度経済成長期が中学・高校時代です。
そして、70年学園闘争もいわば経済成長の中での
「世直し」などという戯言だったとさえ感じます。
社会人になった途端にオイルショック、
しかし、すぐにバブルです。
この喧噪さにも勢いがありましたが、彼らは知りません。
それからITバブルをちょっと知りましたが、
現在にいたる世界的な不況でかき消されました。
そのような中で、この大災害+原電事故は、
日本の未来を消滅させています。
そして、この復興の中心に彼らが主役を務めさせられます。
彼らが、団塊の世代を忌み嫌うこと申し訳なくも認めます。
私は、幼少時代に水害で、避難するのも父が警官だったので、
最後に救出されて避難所が機動隊の道場だった記憶があります。
正直、年少だった私は「楽しかった」記憶です。
TV映像では、「伊勢湾台風」の被災はすでに小学生であっても
悲しいものでした。
それからは、奥尻島津波、阪神大震災、中越地震はたまたまパリでTV画像でした。
つまり、世代が受け止める、「経済的状況と災害の対比」が、
それぞれの世代意識のなかで生涯認識となり、
自分はその経済状況と災害にどのように向き合ってきたかということになります。
「復興」がそれぞれの世代の「生き方」に直結していることです。
だとするなら、「復興への生き方」というのは、
敗戦直後の父たち90歳代にとっての「勇気」と「希望」のあり方が生涯だったはずです。
団塊の世代の余生がどこまで「勇気と希望」を示し、
特に中心的役割を果たす30代の人たちの「勇気と希望」を
何が何でも団結してもらう支えが私たち世代の義務です。
この残酷性、悲惨性を乗りこえる「勇気と希望」、
絶対にお互い確認し合いたいと願うのです。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「シビリアンコントロール能力の問題が浮上」


   


     3月 28th, 2011  Posted 12:00 AM

やはり政権交代か・・・
自省しています。
やはりパニック状況が自身奈辺にあります。
私自身がヒステリックに言葉を選んでいるようです。
しかし、国難という判断は間違ってはいないでしょう。
自衛隊10万人というのは、全隊員46パーセントです。
二つの歴史的演説を想起しなければなりません。
自衛隊が発足されたとき、
吉田茂首相が最初の演説をしています。
要旨は、自衛隊の存在は、軍事であり軍事は有事と災害。
そして、とてつもない厳しい規律と訓練は、
自死を国家に、そして誹謗中傷の存在となるかもしれない。
万が一、国民から感謝と敬意を持たれたとき、
それは日本民族の存続と国難が問われた時という演説です。
今回の地震・津波・原電事故の訓練は幾たびもされていました。
しかし、それが現実となってしまったのですから、
これは国難です。
無知なる政治家・現政権のシビリアンコントロールは、
自衛隊最前線の配置人員すら知らないで「命令」しただけです。
その命令には、「処分」という言葉が本当にあったなら犯罪です。
統幕人員2200名に今、政権を任せるべきだと思います。
いわゆる「軍事政権」です。
しかし、有事=戦争ではなくて、敵は天災と人災です。
三島由紀夫自決の時に、
彼の演説は全く説得力がありませんでした。
けれども、いづれシビリアンコントロールに防衛庁(当時)は、
政権からの命令に言うがままであれば、
それは国家滅亡という檄文でした。
御用学者・学術会議・現政権・マスコミは、
国際的な監視に晒されています。
頭脳流出している海外在住の学者からの提案をも無視、
このような政権では、この国難突破の無理困難性がみえはじめました。
先進国家はじめ国際的な判断は、
人類の危機として、わが日本を監視しながら、
それぞれの決定を自国民に通達しています。
もちろん、国際的な風評での判断や裁決も目立ち始めていますが、
日本は、原爆被災国家、先進的技術国家、秩序有る有能な国民国家として、
この堅持をこれから長期にわたって、「復興」に向かうべきです。
新たな「この災害対応のための緊急的な軍事政権」で、
最悪シナリオでの政権運営が必要だと判断せざるをえません。
「官邸政治」を一時的な「防衛省政治」にするべきだと発言します。
今、私たちに問われているのは、
「何が自分にできるか」を自問する段階から、
「自分が何をするか」になってきたと思っています。
民主政治であったはずの政権交代に見切りをつけて、
世論判断での軍事政治にしなければならないほどの国難です。
私のパニック的かつヒステリックな陳述であってほしいのですが。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「反原発ヒステリーは、人類の義務放棄」


   


     3月 27th, 2011  Posted 12:00 AM

ヒステリックな対立
「Glass Gallery 291」で講演。
銀座で一泊。
いつもなら週末ゆえに、もう一泊です。
ところが、東京のあの活気が沈み込んでいます。
羽田空港も節電ゆえ、空港ロビーは暗過ぎる。
機上すると、大阪出張も激減とCAの人たちからの話。
新聞紙面では、大きな記事。
「原発か、反原発か」、これから私たち日本人、同胞は二分されそうです。
あらためて、東京の事態でこの国難をつきつけられました。
この対立が日本を沈没へと導いているのだとするなら、もっと悲惨です。
私たちは、私の世代が知らなかった敗戦直後に立ち戻されてしまったようです。
前夜、「朝生TV」の討論を見続けました。
それぞれの意見の対立や激論をただ傍観するばかりですが、
これをすべてが国難と受け止めていながら、やはり、アポリアで立ち尽くしていました。
私の意見、主張は、原発推進と受け取られそうですが、
「原子力技術進化」を「義務」とするべき立場です。
原子力発電所は常に、
バージョンアップとフェールセーフの徹底した維持管理であるべきでした。
おそらく、歴史的に何度も津波災害に立ち向かってきた、
東北三陸海岸の子供たちは、どれほど、避難訓練をしてきたことでしょうか。
ひきかえ、それだけの心構えと安全管理を電力会社は徹底してきたのでしょうか。
電気機器がもし火を噴いたとき海水をかければ、
さらに故障、それどころか爆発するかもしれないというのは万人の常識。
40年前の欠陥品は、放置されたまま首都圏のエネルギーを供給してきました。
無論、このあきらかに原電事故は人災だから、
現在稼働中の原子力発電所の総点検はやってしかるべきことでした。
けれども、国内全ての原電を停止というのはヒステリーです。
代替エネルギーのアイディアもなく、原子力は全廃!は「反核ヒステリー」です。
この原電事故は、日本の事故ではなくて、人類の事故という認識が必要でしょう。
被爆と被曝の表記間違いにこれまで私自身気づきもしませんでした。
えらそう過ぎるでしょう。
日本は、戦災で原爆被災をした人類で唯一の民族です。
だからこそ、原子力技術には大きな義務があると私は考えてきました。
これが、原爆被災した霊魂への真摯な人智的、倫理的な態度だと思います。
「建設」してきた原子力発電所の存在には大反対です。
だから既存の発想転換が私の,デザイン職能としての主張です。
「建設」ではなく「生産」、「ダウンサイジング」・「分散化」、
そしてスマートグリッド技術をよりフェールセーフすること。
これが私の主張です。
講演会は、テーマを変更して、この主張に徹しました。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「商習慣を遵守し、そして解放するのは・・・」


   


     3月 26th, 2011  Posted 12:34 AM

私のふるさと福井県。
その鯖江市の地場産業といえば、
最近では認知度の上がったメガネフレーム産業があります。
メガネフレームであって、それは眼鏡の部品にすぎません。
しかし、フレームが眼鏡の商品性を決定しますから、
デザインは商品性決定の大きな決め手になっています。
私はこの地場産業・部品生産にデザイン手法を導入している一人です。
すでに25年以上関わってきました。
様々な工業製品と比較すれば、
部品の部品性、素材性、そして身体・顔、頭部に装着します。
したがって、いわゆる人間工学的な設計は不可欠です。
私の作品であるメガネフレームには、
私の名前がそのままブランドになっています。
一つは、KAWASAKIということで、
それはそのままmade in Japanを明確にしていることです。
さらに、素材と装着感には常に先進性を求めてきました。
ところで、福井県としてこの地場産業をPRするアンテナショップがあります。
「Glass Gallery 291」というショールームであり、
ショップでもあるのです。
ところが、眼鏡業界においての商習慣では、
フレーム製造メーカーは、卸、そして小売りという流通、
このシステムを遵守しなければなりません。
しかも、日本は眼科医の処方箋無し、
小売り店舗で測定してレンズ調整までしてもらえるのです。
この流通システムに一つのビジネス・モデルが介入できました。
レンズ+フレームを店舗で安価に即刻手に入れることが出来ます。
しかも、フレームは中国製が大氾濫しています。
結果、地場産業の大打撃は、そのまま地方都市活力が奪われているのです。
この問題解決の課題を私は、デザイナーとして四方向からとらえています。
福井県眼鏡組合が出店している、Glass Gallery 291では、
これまでの眼鏡業界の商慣習・安価ショップ・中国製に対しての
新たな流通慣習づくりにデザインを関与させるつもりでいます。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「水、基本的な生命問題をアポリアにはできない」


   


     3月 25th, 2011  Posted 12:00 AM


結果的加重犯罪に見舞われました。
水道毒物等混入罪・同致死罪は重刑です。
水道という公共的な水に毒物が混ぜられれば、
大変な人的健康被害どころか、生死に直結です。
したがって、これは傷害罪を超えた重刑があるわけです。
そして天災での津波も、自然が犯した溢水罪(出水罪)です。
いづれも重罪であって、即刻、死刑相当であることは明白です。
東日本大震災をさらに悪化させている原電事故は、
「放射能災害」を拡大させています。
原電事故の現場対応は「生命を賭して」の活動が連続しています。
なんとしても、終息をひたすら祈るばかりです。
そして、今回の二重の大災害がまず、
日本人私たちにつきつけてきたことは人類が背負うべき、
「生と死」を科学と技術の能力への過信、反して撤退、
この相反問題だと考えます。
そして、この相反問題は、一人一人の寿命を超えた、
人類がバトンタッチしていけるのだろうかということです。
正直、立ち尽くしてしまいます。
本当に、放射能が及ぼし始めた水の問題は、
これから地球上で人口80億人予想では、
水すら枯渇することになります。
水道水が飲める日本は希少な存在国家でした。
原子力技術も、すでにその技術においては希少な国家です。
思考停止=アポリアが、具体的には目の前に置かれているのです。
私はこの非常事態=国難を乗りこえるには批判はすまいと考えてきました。
しかし、東日本を選挙地盤とする代議士連盟はあるのでしょうか。
そして、最も信頼感を失っていた現政権の解決実務能力には、
もう見切りをつける時期だと考えるようになっています。
日本人は、まだ本当に謙虚過ぎます。
学園闘争時代を通過してきた私の世代が声を上げるべきでしょう。
現政権ではこの国難を乗りこえることが本当にできるのでしょうか。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「被災シーン・ビジュアルシーンリフレイン」


   


     3月 24th, 2011  Posted 12:16 AM


やはりパニックに陥っています。
かも知れない、と何度も私は自省します。
TV報道の形式は、幾たびも被災シーンを放映します。
このシーンのリフレインが精神性に蓄積されているようです。
だからこうして、言葉を見つけ出すことが正直苦痛です。
けれども、被災地の人たちは、
「寒さ」と「飢え」に晒されています。
天災復旧の遅れと原電事故対策はすでに人災になっています。
まさしく、天災・人災は文明を一瞬にして破滅させたのです。
あらためて、文明とは寒さと飢えに、
人類が自然力への防御だったことを納得させられます。
暖かい食事と暖かく眠ること、
お風呂で清潔になることが文明の証しだということになります。
そして、文明で人間が護られない限り、
文化生活を手に入れ享受することは全く不可能です。
もう一度、私はこの大災害に対峙し対決し直します。
天災である大震災は文明を破壊し、人災となった原電事故は、
文化である体系までを壊滅させようとしているのです。
文化はすべての言語体系で文明で防御されている日常性を
さらに喜びと楽しみで包み込むことになります。
海外デザイン誌を開くと、
そこには、デザインという文化の強化をさらに高める提案でいっぱいです。
しかし、デザインは文化体系の前提である文明、
それらの再活性化をデザインは具現化する手法と実務です。
私のパニック性をしっかりと受け止め直して、
文明から文化への手続き、その再構築を目指さなければなりません。
被災地のビジュアルシーンのリフレインに耐えきる精神性は不可欠です。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「美化することの形式・内容は真意・虚実に」


   


     3月 23rd, 2011  Posted 12:00 AM


この大震災・原発事故に当たって、
私は、自分のスタンスをともかく保持。
と言いつつもパニック化していたと思います。
14日から18日は全国がパニック化と疲労したと思います。
それはこのブログアクセスの異常なアップ変動で判断しました。
私はこのブログによって、「言葉を失わない」自分であること。
「普通であること」。
「私の日常は、私の役割をさらに積み上げていくこと」。
それは、たとえば、今デザインテーマやまもなく新学期準備、
毎日の活動の積み重ねでした。
それはまもなく出版予定の
『倉俣史朗のデザイン全仕事・夢の形見に』校正作業でした。
そこで、もっとも考え抜いていたことは、死者へのオマージュ、
それは必ず「美化」するものです。
果たして「美化する」という表現が、事実を歪曲し、
すべからくを「正しさ」に昇華してしまう畏れへの考察でした。
憧憬し、尊敬していた人物のしかも夭逝から、
その人自身の全仕事が「美学まっただ中の仕事」です。
だから、その「美しさ」を解釈し、敬意・オマージュは、
「美化」の塊と言っていいでしょう。
加えて、TV報道される内容には泣かずにはおれない悲しみが、
幾たびもまさに津波のごとく私を混乱させていました。
現政権や電力企業の対応には、
批判は非難に至るであろう心の中の怒りを覚えることしばしばです。
けれども、冷徹であるためには、自分にその批判を向けることでした。
その象徴に「美化」を置きました。
具体的には、1997年から2004年に20回の連載記述を凝視し、
その客観的な思考洞察をしながら
この国難をともに考えることにしてきたわけです。
あきらかに「美化」しています。
それは私が自身、母の死を「美化」してこそ心の中で、
それゆえに合掌している自分、
自分への同一性を確認できていると確信できるからです。
私は「美化」することに、
バランス感覚を保持し続けることができうるかを試そうと決意しています。
被災現地で被災死亡者のご遺体は、
身元確認をDNA記録化して後日確認で土葬という悲惨さです。
埋葬の形式を度外視して内容だけ、
いわば死亡者への畏敬形式を後回しにというほどになっています。
学べることは、形式ではなくて内容あっての形式だということです。
だとすれば、「美化」することで、
この悲しみの共有と分配程度しか
私たちの精神正常化保持はできないのかもしれません。
私は「美化」することの均衡感覚だけを残しておくつもりです。
形式と内容は、真実と虚実を混乱させることに繋がっています。


目次を見る

「資本主義からの逃走」
  「日本・東日本大震災からもう一度復興と再建」


   


     3月 22nd, 2011  Posted 12:00 AM


M9.0大震災は、1000年に一度ゆえ想定外。
さらに、原電事故はフェールセーフへの過信。
日本は敗戦後の大復興から復活を果たしてきましたが、
もう一度、私たち・日本は復興と再建を余儀なくされました。
私はすでに天災ということではなくて、
これほど科学と技術で人間生活を日常化してきた限り、
天災もすべからく人災が呼び込んでいるとさえ思います。
天災を想定外と言わざるを得ないとすれば、
天災と戦災で包囲されている地球上の生命体である人間は、
自らが人災を引き込んでいると断言すべきかもしれません。
特に、原子力発電に関しては、
社会的賛否を常に対立させてきました。
一方は「安全神話」に、
一方は「核アレルギーでの全否定」にと、
相反したままに電力会社と都市文明の利得が優先されてきたことは事実です。
となれば、日本は戦災で被曝し、今度は天災で被曝寸前状況になっています。
私は、人類が生み出してしまった科学成果、
このアポリア=解決不可能の思考停止にこそ、
より積極的に立ち向かっていく「生」を対称化すべきと考えてきました。
職能・デザイナーとして、デザインの本質と結論しています。
したがって、原電推進でも反原発でもありません。
人類の、たかがデザイナーに過ぎませんが、
されどデザイナーとして、真摯真剣に、
アポリア脱出を使命・義務としての
行学実務を生きがいにしたいと思っています。
敗戦後、復活をまた余儀なくされました。
私自身、健常者から身障者として、二重苦を受け入れています。
それだからこそ、多分もう残された時間では、
復旧・復興・復活まで見届けることはできないとも推測しています。
しかし、されどデザイナーとして限界まで、
デザイン職能で生き尽くしたいと祈念しています。
原電は「建設」ではなくて「生産」です。
「規模のダウンサイジング」と「社会制度の高密度情報化制御」が、
原子力への千年計画デザインであるべきでしょう。
「推進」と「反原発」を止揚しなければ、この国難解決は不可能であり、
人智の行学実務に、あらためてデザイン位置を確認しています。




目次を見る

1 2
  • Archives

  • Categories