kazuo kawasaki's official blog

7月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 15th, 2020  Posted 12:00 AM

7月15日 大安(己未)

『分別としてのデザイン』

今世紀の文明は、
人間生活に対して
制御不可能なものまでをも
産出してしまった。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 14th, 2020  Posted 12:00 AM

7月14日 仏滅(戊午)

『関数としてのデザイン』

第三の波がもたらす風は、今、デザインに向かって吹き始めている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 13th, 2020  Posted 12:00 AM

7月13日 先負(丁巳)

『関数としてのデザイン』

インダストリアルデザインは
これまでのデザイン言語辞書を
再編纂、結果、職能名義の
変更をもって、
社会的存在性を再訴求する
段階にきている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 12th, 2020  Posted 12:00 AM

7月12日 友引(丙辰)

『関数としてのデザイン』

極言すれば、
産業革命以来の記憶を
抹消すること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 11th, 2020  Posted 12:00 AM

7月11日 先勝(乙卯)

『関数としてのデザイン』

確実にコンピュータ開発に
直結、提示、答申、指示出来る
デザイン言語と
コンピュータへのコンバート関数、
またはインストール関数の
開発が必要である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 10th, 2020  Posted 12:00 AM

7月10日 赤口(甲寅)

『関数としてのデザイン』

すなわち、
「かたち」の形態化因子として
「関数的」表現にたどりつく
デザイナーの発想ボキャブラリーが
不足していることを自覚したい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 9th, 2020  Posted 12:00 AM

7月9日 大安(癸丑)

『関数としてのデザイン』

コンピュータ言語という
「ことば」を下敷きに
「かたち」を与えること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 8th, 2020  Posted 12:00 AM

7月8日 仏滅(壬子)

『関数としてのデザイン』

道具としてコンピュータが
より人間に接近するためには、
インダストリアルデザインの
エピステーメーは、
まず点、線、面を
「関数」としてのデザインに
定義し直すことではないかと考える。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 7th, 2020  Posted 12:00 AM

7月7日 先負(辛亥)

『関数としてのデザイン』

視覚的理解による
形態把握と
認識的理解による
形相把握を
次世代エピステーメーとして
構築出来る可能性が、
それこそコンピュータの
画面上に新たな透視図法として
見えてきたと
考えるべきではないだろうか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 6th, 2020  Posted 12:00 AM

7月6日 友引(庚戌)

『関数としてのデザイン』

が、形態論と形相論、
それら双方の
近接感は体得すべきだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 349