kazuo kawasaki's official blog

10月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 19th, 2019  Posted 12:00 AM

10月19日 大安(己丑)

数学的には、点には大きさがない、
よって、もちろん「形体」もない。
付け加えるならば、
「点という形体」
は数学的根拠であり、
「形体としての点」は、
芸術的根拠とことわり書きを
付け加えておくべきだろう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』11 造形元素としての点


目次を見る

10月18日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 18th, 2019  Posted 12:00 AM

10月18日 仏滅(戊子)

想像力による定義性とは、
点とは何かではなくて、
こうしたものが点である、
という論拠の説得性と考えたい。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』11 造形元素としての点


目次を見る

10月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 17th, 2019  Posted 12:00 AM

10月17日 先負(丁亥)

クラマタは、
純粋に描写的な文体として、
輪郭線を記述しただけ
だったのかもしれない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 16th, 2019  Posted 12:00 AM

10月16日 友引(丙戌)

イスとテーブルがあるという日常風景は、
常套的な造形言語での本体で終わるはずだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 15th, 2019  Posted 12:00 AM

10月15日 先勝(乙酉)

手が動いている。
スケッチをしている。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 14th, 2019  Posted 12:00 AM

10月14日 赤口(甲申)

それは直観を偶発的につかまえることが
できるかどうかということかもしれない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 13th, 2019  Posted 12:00 AM

10月13日 大安(癸未)

観念で、日常感覚をベースに、
目新しいことば、奇抜なことばを
探し求めた方がいい。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 12th, 2019  Posted 12:00 AM

10月12日 仏滅(壬午)

コンセプトとイメージとを
結合させていくには、
膨大な語録力が必要である。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 11th, 2019  Posted 12:00 AM

10月11日 先負(辛巳)

イス・テーブルという語録をことばから、
造形言語として文体化する。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

10月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 10th, 2019  Posted 12:00 AM

10月10日 友引(庚辰)

イス・テーブルという
実体や物体ではなくて、
概念化された椅子・テーブルという
抽象性だけでは、
存在感の消去は不可能である。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』10 輪郭線での記述手法


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 322