kazuo kawasaki's official blog

02月21日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 21st, 2018  Posted 12:00 AM

02月21日 赤口(甲申)

プレゼンテーションは、
一回一回がトレーニングになるものだ。

まさしく発想、表現、伝達のための
試行錯誤のひとつの方法でもあるのだ。



『プレゼンテーションの極意』


目次を見る

02月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 20th, 2018  Posted 12:00 AM

02月20日 大安(癸未)

言葉では言い表せない、
道断=言わず言わずの
世界があるのだ。

これは、
道元の見通した
世界である。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」。


目次を見る

02月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 19th, 2018  Posted 12:00 AM

02月19日 仏滅(壬午)

プレゼンテーションとは、
夢を表現する
「説得と納得」の「手法と態度」であり、
それは、
口説きの思いやりである。



『プレゼンテーションの極意』


目次を見る

02月18日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 18th, 2018  Posted 12:00 AM

02月18日 先負(辛巳)

人間は、
大きなリズム感によって
体内に満ちてくる熱エネルギーを
発散するために、
体を動かす。
自然と身体的な反応が生理的に起る。
この生理性を活用する。
それはひと味違った
プレゼンテーションになる。
「好、安、記」を支える音楽の
使用をぜひおすすめしたい。



『プレゼンテーションの極意』「好、安、記」のプレゼンテーション


目次を見る

02月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 17th, 2018  Posted 12:00 AM

02月17日 友引(庚辰)

いつまでも
記憶に残るプレゼンテーションを
演出するために、

•好奇心を刺激する

•安心感を与える

•記憶に残る
というこの3つを押さえておくこと。



『プレゼンテーションの極意』『好・安・記』のプレゼンテーション


目次を見る

02月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 16th, 2018  Posted 12:00 AM

02月16日 先勝(己卯)

「作り方」とは、
削っていきながらつくること。
添削してできるかぎり簡潔にする。
「造り方」とは、
つけ足しながらつくること。
情報を重ねて表現する。



『プレゼンテーションの極意』聴衆への、それこそ脅迫を恐れるな


目次を見る

02月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 15th, 2018  Posted 12:00 AM

02月15日 大安(戊寅)

プレゼンテーションとは、
聴衆と発表者とが一体となって
初めて出来上がる
コミュニケーション・プラス・
インターラクション
「ステージシーン」なのだ。



『プレゼンテーションの極意』聴衆への、それこそ脅迫を恐れるな


目次を見る

02月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 14th, 2018  Posted 12:00 AM

02月14日 仏滅(丁丑)

発表者というのは
「サービスと脅迫」という
相反する要素を常に念頭に
置きながら、両者のバランスを
とっていくということが
大切である。



『プレゼンテーションの極意』聴衆への、それこそ脅迫を恐れるな


目次を見る

02月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 13th, 2018  Posted 12:00 AM

02月13日 先負(丙子)

臨機応変に対応をしていく
呼吸と呼吸感で、
会場を自分の占領地にすることが
極意につながっている。



『プレゼンテーションの極意』「呼吸」


目次を見る

02月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 12th, 2018  Posted 12:00 AM

02月12日 友引(乙亥)

何の工夫もなく
ハウツー本におぼれて
しまってはいけないことを
肝に命じてほしい。
あくまでも
一番大事にしなければならないのは、
プレゼンテーションで、自分が
「何を言いたいか」という発想である。



『プレゼンテーションの極意』プレゼンテーションテクニックにおぼれるな


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 263