kazuo kawasaki's official blog

4月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 4th, 2020  Posted 12:00 AM

4月4日 友引(丁丑)

「観光都市」ではない、
ともかく、
新しい呼称が
絶対に要るようだ。



目次を見る

4月3日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 3rd, 2020  Posted 12:00 AM

4月3日 先勝(丙子)

最良のシステム、
最悪のシステム、
これを選別しても
私は最悪システムでも、
「覚悟」ができる。



目次を見る

4月2日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 2nd, 2020  Posted 12:00 AM

4月2日 赤口(乙亥)

時の経過と瞬間



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』16 時の経過と瞬間


目次を見る

4月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 1st, 2020  Posted 12:00 AM

4月1日 大安(甲戌)

インスピレーションの重要性だけが
地球を救えるということを
訴求していたことになる。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


目次を見る

3月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 31st, 2020  Posted 12:00 AM

3月31日 仏滅(癸酉)

ホフマンの作品、
その作品の意味作用にいわば、
デザインの遺伝子がある。
これは確かなことだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


目次を見る

3月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 30th, 2020  Posted 12:00 AM

3月30日 先負(壬申)

色彩は、実務演習と
私にとっては、故・大智浩教授
デザイン史には繋がっていない。
「アイディア」デザイン誌には
彼の名前がある。



目次を見る

3月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 29th, 2020  Posted 12:00 AM

3月29日 友引(辛未)

「身体障害者手帳」が、
もう何年も、
同じデザインでした。
記述も代えるべきです。



目次を見る

3月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 28th, 2020  Posted 12:00 AM

3月28日 先勝(庚午)

イタリアも、フランスも、
そして米国の
友人たちは、
元気だった。



目次を見る

3月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 27th, 2020  Posted 12:00 AM

3月27日 赤口(己巳)

デザイナーが、いつでも試み、
そして具現化するどのようなモノも、
理想主義を「美」で包んで、
その意味性を伝えようとしている。
伝えようとしてきた
歴史も保持している。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


目次を見る

3月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 26th, 2020  Posted 12:00 AM

3月26日 大安(戊辰)

デザイナーにとっては、
モノの形態で
その時代性や空間性、
人間性のさまざまな問題の解決を
図ろうとすることが、
職能の本質であることは明らかなわけだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


目次を見る

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 344