kazuo kawasaki's official blog

Archive for 8月, 2011


8月31日Staff Blog


   


     8月 31st, 2011  Posted 5:16 PM

8月31日

修理からもどってきた
BOSS(川崎和男, Kazuo KAWASAKI)
のMac Book Proは常に熱くならないように
冷却心掛けています。
ドラえもんUSBからの風も効果有!です。
JAWBONEのスピーカー
JAMBOXはお気に入りで、
赤色購入後、青色も増えました‼



目次を見る

8月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 31st, 2011  Posted 9:30 AM

8月31日 戊午(仏滅)


「リピート!」という
評価によって、
実技トレーニングは何度も
繰り返さなければならない。



『デザインの極道論』したわしい


目次を見る

「電池交換時期到来ゆえ休筆します。」


   


     8月 31st, 2011  Posted 12:00 AM


9月は体のメインテナンスになります。
思い切ってしばらくキーボードから離れます。
TwitterやFacebookに書き込み
報告することがあるかもしれません。
毎日、愛読していただき感謝します。
最近は、Facebookでは本心をも伝えることができます。



目次を見る

8月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 30th, 2011  Posted 10:31 AM

8月30日 丁巳(先負)


デザイナーであることの
アイデンティティー=かけがえのなさ、
というのは、
作品が社会と密接に
連動していることだ。



『デザインの極道論』したわしい


目次を見る

8月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 30th, 2011  Posted 12:25 AM

8月29日 丙辰(友引)


「手が思想する」というのが、
デザイナーの思考回路であるということは、
私の確信であり、
信念でもあるからだ。



『デザインの極道論』したわしい


目次を見る

「高級品ということの詳細」


   


     8月 30th, 2011  Posted 12:00 AM


日本語での「高級品」。
この定義は曖昧です。
まず高級という言葉の意味範囲が狭いのです。
高級品=高額品という印象があります。
しかし、高級というのは必ずしも高額でなくても、
安価なモノでも高級品というのは存在します。
そこで英語圏や仏語圏での「高級な」という言葉と、
比較してみる方法があります。
海外には高級を意味する言葉が豊富です。
贅沢なということから高品質までが「高級品」内実です。
日本語なら絢爛豪華な過飾性から単純簡素性までに、
「高級品」は存在しています。
勿論、高額であることも高級品の一つの定義です。
しかし英仏両方とも「品質」の信頼性が定義核心になっています。
そして、日本では「品格」が高度であることが求められます。
いわゆる「成金趣味性」には否定される範疇です。
最近では中国製の模倣品が「高級ブランドそっくり」です。
これを身につけていてもまったくわからないほど正確になっています。
ある経営者は中国模倣品をいたずら心で身につけて、
周囲を楽しませているという話を聞きます。
結局、「高級品」あるいは「高級ブランド」は、
所有性・使用性においてその使い手の品格と同調するわけです。
したがって、日本ブランドが高級品かどうか、
それは一等国家=高級国家(あり得ない呼称ですが)を意味しています。
少なからず、私たちは「高級品」という価値観を、
私たち自身に向けて再確認する必要があります。
今、私たちの国は決して品格ある国家ではなくなっています。
この国難にあって、復興と再構築には「高級」であること、
それは目標と目的として「品格」の高密度化に連動しています。


目次を見る

8月29日Staff Blog


   


     8月 29th, 2011  Posted 9:13 PM

8月29日

放送大学の撮影を行った、
BOSS(川崎和男, Kazuo KAWASAKI)

内容は、BOSSが
毎日デザイン賞をとってから、
医学の世界のデザインに関わる経緯、
そしてユニバーサルデザインについてです。

数年間に渡り、
映像は使用されるということですので、
放送大学をご利用の方はお楽しみに。


目次を見る

「モノの値段・安価と安物」


   


     8月 29th, 2011  Posted 12:00 AM


久しぶりにワイフと散策。
阪大特任教授時代の定宿ホテル。
地下にはブランドショップ。
まったく勝者盛衰を見るように、
消えてしまったブランド、
新興勢力化してきたようなブランドを
すでにショップはCLOSEDだったので、
文字通りWindow Shoppingをしました。
それなりに高額なモノですが、
かつての衰退したブランド程高額ではありませんでした。
思い切り高額であるブランドショップは消えていました。
それだけ、日本の可処分所得での購買価格帯が
低下してしまったのでしょう。
たとえば、皮革製品でクロコダイル皮革商品は高額です。
しかし、クロコダイルは地球環境が影響して、
皮革パターンが狂ってきています。
だからまったく対称パターンの本物には出会えません。
むしろフェイクながらクロコダイルダマシ的なモノが、
正確なパターンになってしまいました。
価格も100分の一ぐらいです。
これを安物というのか安価というのかは、
購買者の価値感判断になります。
20年前にエルメスで、
「おそらくこれだけの皮革は今後出てこないから、
薦めるから」と言われたブルゾンがあります。
それ以来、それだけの皮革ブルゾンは造られていません。
昨今は、家具でも、びっくりする低価格モノがあります。
原価計算をすると、商売が成立するのだろうか、
生産可能できるのだろうとかと品質を疑います。
100円ショップで十分なモノもあれば、
100円ゆえ仕方なしという品質モノばかりになっています。
とりわけ現代日本の市場は安価=安物が氾濫し混乱しています。
特に大阪の市場、商品選択は明確に、
東京・名古屋との差異を感じます。
高額ブランドの品揃えは地方格差が起こっています。
私の商品価値判断はそれなりに影響がありそうなので、
こうしたところでの記載は控えたいと考えます。
そして、ブランドショップでも店員の方の、
商品知識の程度、商品教育は低下しています。
私の収集趣味分野では、あきれるショップが多すぎます。
専門店であり、ブランドのフラグショップでは、
このような店員はとてもプロだとは思えません。
欧州老舗ブランド、そのインスタレーション展示では
世界的に著名な日本人デザイナーY氏は、
「老舗ブランドの伝統性を背負う重責」、そして、
ブランド価値を継承することから「革新へ」という、
そんな悩みを伝えてくれます。その通りでしょう。
それはモノづくりがブランドとなり、
高級ブランドと言われるのは超高額傾向です。
反対に、安価であることと、
安物はまったく別物だという証にもつながっています。
それこそ、時計なら数千万から2000円であっても、
「見えない時間を測定する機能は同じです」。
万年筆でも2500万から500円まで市価巾があります。
「書くためのツール」に過ぎません。
私は、安物は、それを所有するだけで、
自分の存在価値もその程度になると思っていますが、
安価であっても高価なモノを上回る価値十分モノはあります。
値段という市価価格には、
「格段となる」品と質がそのまま、
所有と使用する人格に投影していると判断しています。
安価なモノは探しだして見つけ、持ち、使う価値が、
そのまま自分の立場や力量を明示しますが、
安物は自分の存在値打ちを
必ず下げてしまうと思っています。


目次を見る

8月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 28th, 2011  Posted 9:30 AM

8月28日 乙卯(大安)


親友の戦死を絶対に
無駄にはしない。

時代と人間組織の
むなしさに立ち向かってやるのだ。



『デザインの極道論』むなしい


目次を見る

「今現実、喧嘩相手は私自身です」


   


     8月 28th, 2011  Posted 1:46 AM


ICD電池交換手術、ストレスです。
そして、この5年の自分を呪います。
医療機器をデザイン対象にしたのは、
偶然もあり、私の宿命だったのでしょう。
最初は車倚子でした。
車倚子生活になったとき、
当時のデザイン部長が、お見舞いに来てくれました。
「手は動くと聞いたから、デザインはできる、
君がやるべきことは、まず車倚子のデザインをやれ」。
岩田部長です。
東芝の電気釜をデザインしたデザイン史に残る人物。
しかし、当時はデザイン未熟なのにいきがりだけと、
生意気さ血気溢れていたので反発ばかりしていました。
「川崎、もうお前はクビだ」、3回言われました。
その度に、「辞めるときは自分から辞職願いを出します」。
始末書・厳重注意・減給処分直前を救ってもらったり、
結局は、可愛がってもらい大事に育てていただいた恩人。
それにも関わらず、「車倚子のデザインをやれ」、
(冗談じゃない、断じてやるものか!)
当時はそう考えていました。
それが、人工心臓にいたり、メガネも医療機器です。
今では、仕訳された大プロジェクトもまだ残っています。
血圧計は9月に、日本製では初めて
「欧州血圧学会認定合格品」を発売します。
結核ワクチン、結核診断システムは現在進行形、
これはPKD(Peace-Keeping Design)運動の一つ。
「不妊治療システム」は検査方法とそのシステム提案中。
なのに、ICDは申し入れはやっていましたが、
絶対モノにするという積極性に欠けました。
「なぜ、電池交換まで放置してしまったのか」。
渡米してでも、体外から急速リチウム電池充電システムと、
まず、ペースメーカーもしかりですが、
新規デザインをやらず仕舞いにしておいたのか、
「自分に喧嘩を売っています」。
私は喧嘩師を自称し、
「喧嘩には華が当然であり、喧嘩とは自分相手」、
これを心情としながらも、
米国企業に乗り込んでまではやってきませんでした。
ともかく、デザインを売り込んだ経験はゼロです。
すべて依頼デザインしかやったことがありません。
「川崎は自分から売り込んできて・・・」、
こんな中傷は全くはずれています。
「自分のICDぐらいやっておくべきだった」ということです。
正直、手術はストレスで、怖いこと真実です。
特に私の体調は感染症を引き込むことが多いわけです。
「敗血症・多臓器不全」は前回入院、
それで重篤状態まで体験し、
「教科書を書き換えるな」とまで、
第一内科教授に言われるほどスピーディな回復でした。
日本のプラザ合意とは、
「この分野はやらないから」という合意事項があります。
これは調べ尽くして知りました。
ICDも開発直後には6800台のリコールがあった機器です。
6800人が再手術したと聞いています。
だから亡くなった方もいるわけです。
日本の医療機器メーカーも治療機器開発は絶対に無理です。
だから医療機器は診断機器や検査機器、測定機器だけです。
だから海外、米国に乗り込んで「売り込むべき分野」です。
手術が終わったら乗り込みたいと考えています。
手術日まで「自分に毎日喧嘩」ということになりそうです。
無論、下肢障害者用の自動車運転機器も、
日本製はやり直しともっと高度化デザイン必至分野です。


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 8
  • Archives

  • Categories