kazuo kawasaki's official blog

Archive for 2月, 2014


2月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 28th, 2014  Posted 9:30 AM

2月28日 庚午(大安)


現代、若者たちが、
これほどまでに簡単な歌詞と旋律に
狂喜しているのは、
十分な豊かさは裏腹な孤独感を
共有しあっているからなのかもしれない。




倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』3硝子の音色


目次を見る

『つまらない輩相手に! ある養成キット』


   


     2月 28th, 2014  Posted 12:00 AM



ふるさとで、伝統工芸に懸命になりこれはコトのデザインとして、
越前和紙を賢明にして商品開発したモノです。
今、和紙とデザインを標榜する輩のモノは「和風紙」です!

「すきっこ」は牛乳パックを素材にして紙漉きをするセット。
「すみっこ」は和紙に墨流し=マーブル模様をするセット。
「わとじっこ」は和紙の製本を和綴じする道具や糸のセットです。

そこでこの三つをまとめて「人間国宝養成キット」として販売。
その直後、国のある機関から叱られました。
それなら、「伝統工芸士養成キット」にして販売。
またしてもこれもつまらん機関に叱られました。
とても真面目な洒落ですが、許されませんでした。
それで、キット販売を諦め、海外でも販売しましたがまず成功。
私はこれ以来、「ひがんで喧嘩しても」商品開発を狙っています。
ともかく、洒落の分からない輩に笑いの美学などありません。
そして、かつて日本のモノづくりの顕彰制度を巡って、
私は、「靖国に眠る人にこれでは報われない」と絶叫しました。
現代、わが国のモノづくりは歪んでしまっています。
わが国の大企業はすべからくが駄目になってきています。
「デザイナーだけが夢を実現する実務手法」を持っています。
だから、なんとしても洒落と美学で尊敬されるモノづくり、
これを目指したいと考えます。
「デザインのためなら・・・・・も私はします!」
これが私の「使命観」であり、これが私の未来・づくりです。


「伝統は熟知必然・実例としての和紙か和風紙か」
「越前和紙から名塩和紙への悲しい物語り」
「もう一度、漢字と『書』へ」
「包むことと詰めることの大きな違いを知った頃


目次を見る

2月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 27th, 2014  Posted 9:30 AM

2月27日 己巳(仏滅)


デザイン自らの解体を常に隠匿して、
デザインがデザインを裏切らなければならない
ラディカリズムは必至であろう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

『背中に未来があり、目の前には妄想の死後の世界がある』


   


     2月 27th, 2014  Posted 12:00 AM



私は3度「あの世」に行ってきました。
まず、交通被災で体力確定後手術してから、
心不全直前の心臓発作頻脈時、
敗血症で多臓器不全重篤時、でしたが帰ってきました。
だから「死後の世界=あの世」への道程は覚えています。
その結論として、私達は二つのコトを識りおくべきと思います。
一つは、未来は前方には無く、前方には「死」があるだけです。
あの世=死後の世界は無であり空でしかありません。
あの世で父母に逢うことは決してあり得ないでしょう。
死後の世界を私達は宗教で保護と保全されて錯覚しているのです。
そうでもしなければ生きている有の世界を無くすのでしょう。
もう一つは、背中に未来を背負っています。これは見えません。
「Back to the Future」の真実の意味があります。
目の前に「死」=無と空が実は見えていますが、
その日時は見えて分かってはいませんからこそ、
未来を「使命観」で包んで背負っているのです。
見えないからこそ宗教で「あの世」が在ることにしたいだけです。
あの世で父母に逢ってみたいですが宗教的な夢にしておきます。
むしろ、見えない、背中に背負っている未来=使命観だけを
しっかりと期待に、希望に、懸命に、賢明に、真剣に、真面目に、
私は一日一日を過ごしたいと考えています。


「際限は背中に、目の前に未来など無く」


目次を見る

2月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 26th, 2014  Posted 6:52 PM

2月26日 戊辰(先負)


デザインはいつでも
解体されていく必要がある、
というのが私の思い込みである。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

『65歳=65年間というこれまでの人生とこれから』


   


     2月 26th, 2014  Posted 12:00 AM



1949年2月26日福井県福井市松岡町で私は生まれました。
18歳で故郷を離れ28歳に交通被災、車椅子生活になり、
当時、被災直後には40歳までが統計的な生涯と言われてから
その覚悟のままに30歳にはふるさとに戻りました。
40歳で毎日デザイン賞を受賞してやっとデザイナーになれた時、
「あれっ!」、て思いました。命が永らえたからです。
しかし、45歳で心臓障害となり、障害者認定は二つもあります。
身体障害者1級と心臓障害者1級です。
47歳は私にとって母と21年間が終わり、母は47歳で逝きました。
だから、生き方を変えるために大学人とデザイナーになりました。
10年間は名古屋市立大学大学院の完成年度をもって阪大に転籍。
あっという間に63歳にて阪大を退官。
おそらく、社会人になってから私の人生が始まったのでしょう。
しかし、March 11.2011は私に生命の限りの使命を決めています。
自分に与えられた仕事をあくまでもデザイナーとして、
できる限り社会化・実現していきたい、それだけです。
デザイナーとして有名になるということは、
車椅子となり、ふるさと福井に戻ったときには消滅しました。
私の父は79歳で逝きましたからせめて80歳までをと決めています。
70で社会から離れて自分の生涯を兵役と警察官で終えた生き方こそ
私は父に見習いたいと思っています。
「行学」としてデザインを自分なりの生涯で果たすこと、
これが65歳=65年間、本当は40歳と言われてから、
もう25年も生きてしまった私の決意と覚悟です。
この場をかりて、周囲の皆様にお礼を申し上げます。
深謝合掌


「これからの私、私が賢明で懸命になること」
「生年月日が同一の情あればさらに使命観を」
「卒業後40年、そして63歳誕生日」


目次を見る

2月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 25th, 2014  Posted 6:51 PM

2月25日 丁卯(友引)


しかし、
この錯覚や誤解は、
クラマタだけの「世界視」であり
「世界史」ではないだろうか。
デザイン史を解体しようとした意志は、
「内側にて覚醒する」ための
インスピレーションを求めていたわけだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

『木版の仏教経典に学ぶこと』


   


     2月 25th, 2014  Posted 12:00 AM



今年最初に森政弘先生の特別講義を東大で受けて以来、
森先生からも直接に参考文献を紹介されました。
だからなんとしても65歳までに読み切ってしまいたい書籍は、
とうとう木版の経典に及びました。
大乗仏教の「華厳経」に至っています。
正直なところ、私の仏教知識には及んでいませんが、
解説書で「国譯一切経」を頼りにしながらそれなりに懸命です。
森先生から指南されたのは「国譯一切経」ですが、
これがなんと280冊以上あります。
床が抜けるほどと言われましたがそれを全て読破は無理でしょう。
この「大方廣佛華厳経」も最小の全60巻を選びました。
原始基督教からプロテスタントまでやイスラム教も入門程度は
ほとんど読破してきましたが、
私は仏教徒であることをとても誇りに思います。
その最大の理由は、仏教・キリスト教・イスラム教という三つの
主要宗教論のなかでは、最も高大であり崇高だと確信するのです。
ただし、現代の小乗仏教や仏教を基盤にして分類された
仏教の新興宗教が起こしてしまった誤りは許せません。
さらに、私の思考論の対象は「デザイン」ですから、
私の中ではこの大乗仏教で学べることは宗教論ではありません。
きっとこの知識と感慨は自分のデザインに反映させるつもりです。
「国譯一切経」ではどうしてもこれらの解説だけではもの足らず、
結局は「大方廣佛華厳経」にたどりつきました。
そして最もこの経典が木版印刷であることはとても新鮮でした。
読書では日常的には電子本になっていますが、
こうした経典という書籍が木版であるという手触り感には、
私は確かな文字が手から生み出されているという感覚があります。
この感覚こそ人間にはとても大事で大切なコトだと思っています。

『今年早々、最高の講義を受ける・森政弘先生の仏教論』
『華厳経に入ろうと思う・森政弘先生の講義から』
『神仏像をもっと知っておきたいと考える』


目次を見る

2月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 24th, 2014  Posted 6:50 PM

2月24日 丙寅(先勝)


ひらめきという軽さ、それは、
ミラン・クンデラの代表作である
「存在の耐えられない軽さ」
と比喩してもいいだろう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

『私の体のなかの海の幸こそエネルギーだ』


   


     2月 24th, 2014  Posted 12:00 AM



このところ、ふるさと福井には月1回は必ず帰ります。
だからふるさとの味はすぐに手に入るようになりました。
かつて東京の赤坂でフリーランスのデザイナーをスタート。
赤坂から車椅子生活でのデザイン活動を始めましたが、
発熱や呼吸困難になっても赤坂では一人のドクターがいつも、
私の健康管理と精神的に励ましてくれていました。
「先生、やっぱり無理かもしれない」と言えば、
「これからだ、まだまだトレーニングすれば出来る!」と激励。
ところが、ある日に、
「ふるさとは福井だったね、このままでは駄目だから帰れ、
故郷の空気や水や食べ物が、君を元通りにしてくれる」と言われ、
私は東京を離れました。56豪雪の冬、福井に戻りました。
「ウニ」と言えば、このウニが一番好きでした。
豆腐も厚揚げも、当然、お米も全てが私を元気にしてくれました。
だから、毎月、福井に帰れば、すぐに好きな食材を買い求めます。
福井の友人や産地からも旬な物が届きます。
ふるさとの味は、子供の頃の思い出や、
今はもういない父母・祖父母思い出に重なります。それこそが、
思い出の核であり、この思い出が感性を鍛えたエネルギーです。
このウニは子供の頃には三国からおばさんが売りに来ていました。
今は福井に帰ると特別に一杯詰め売りしてもらっています。
英国のことわざに、男は青年時代に世界各地を巡って、
妻をもったなら故郷で晩年をと言われています。
しかし、多分私は晩年ふるさとで暮らすことはないでしょう。
だから今のうちに福井にてまだ仕事が出来ることが幸せです。
繊維・刃物・眼鏡に私のデザインを反映させます。
そしてその大収穫がふるさとからのエネルギーとしての味覚を
十二分に楽しめることです。

『ご飯のふりかけ最高もの・福井名産数多し』
『ふるさとからの「越前たけふしきぶ姫」届く』
『お豆腐・厚揚げ、これだってふるさと産が一番だ!』


目次を見る

1 2 3 4 5 6
  • Archives

  • Categories