kazuo kawasaki's official blog

Archive for 3月, 2014


3月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 31st, 2014  Posted 9:30 AM

3月31日 辛丑(先負)


デザインジャーナリズムが
生まれ育たない元凶は、
かたちとことばの
相対化力の不足にある。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』6変形という観念としての裏切り


目次を見る

『比例コンパスは知恵のツールだ!』


   


     3月 31st, 2014  Posted 12:00 AM



人類は昔より全く変わらないことがあるものだとよく思います。
たとえば計量の単位である、長さとか大きさを一定測のことです。
「度量衡」と呼ばれているこの一定測は基本が決定しています。
この一定測は、税金をどう取り立てるかという法律です。
長さをどうやって決めるか、ということについては、
「もの差しの長さ」の決め方が、最初は笛の音に気づいたこと。
つまり笛の音を決めれば、同じ音を決めるには長さが決まります。
これが今ではレーザー光線=波長で全世界が決められることです。
さらに、もの差しでその割合を決めるツールが生まれてきます。
幸いに私はデザイナーという職能ゆえ、
定規には興味がつきず、これもできる限り収集したいのです。
定規には民族性があり、規はコンパスを表し、
これらの収集物についてはやがて私なりに本を書きたいほどです。
今回、「比例コンパス」・「曲尺」・「黄金比コンパス」は、
とても便利で、「曲尺」などは、日本が生み出した優れモノです。
私はどうしてこうしたもの差しをさらに進化させてツールを
絶対に教育でも教えておくべきだと思います。
「曲尺」には長さ・角度・比例すべてが満載されています。
だから私は持ち歩いている一つです。
「比例コンパス」はすでに販売されていないと思いますが、
今ではCADなどPC上ではすぐに分割など簡便だからでしょう。
しかし、私はこの西洋の知恵は素晴らしいと思っています。
現在、大学の図学ですらこのコンパスを教えていません。
大多数の大卒の技術者にとってこのコンパスの存在すら無知です。
私は何度か「黄金コンパス」についても紹介してきましたが、
「黄金比って何なんだ?」と大学内で聞かれたことすらあります。
それはもう仕方の無いことでしょうか?
いや、私は、こうしたもの差しは「人類の知恵」ですから、
さらに知恵の進化されたツールを私自身創りたいと思っています。

4月18日 staffblog
「黄金コンパス・黄金比と白銀比を身体化するには」
「X:1-X・この計算では、1.61803398749・・・が示すこと」


目次を見る

3月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 30th, 2014  Posted 9:30 AM

3月30日 庚子(先勝)


磯崎のクラマタのかたちへのことばは、
その相対化が、
レトリックとして、
とても心地よいものを感じる。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』6変形という観念としての裏切り


目次を見る

『あくまでも「素材」は木質で確かめる』


   


     3月 30th, 2014  Posted 12:00 AM



私はデザイナーとしてますます素材が大事だと思います。
最も手短に確かめることができるのは、「鉛筆」にあります。
このメーカーが鉛筆づくりには正確な素材表現をします。
それだけに、時折、木質に拘った鉛筆を
必ず、自分の一本にしたり、あるいは消しゴムでも、
カラー表現に取り囲まれるとき、この職能であって幸運でした。
とりわけ、木質では、デザイナーに成り立ての頃には、
塩ビシートの開発で、木目・木質そっくりの型出しに、
印刷メーカーの工場で、職人気質の人に育ててもらいました。
私が常に思い出すのは「ブラジリアン・ローズウッド」の木目。
そっくりにレンダリングに描いて、その塩ビシート化をしました。
私のイメージは絵に表れていましたが、
「お前はまだ学校出たてだろう?」
「お前は自然のブラジリアン・ローズウッドの木知ってるか?」
と言われて、
「見たことがありません」
「本物を絵にしてから出直せ」と言われたものでした。
東芝のデザイン室にある資料室には、本物の木の板がありました。
それを見ても分からずに、工場で教わったのです。
「ブラジリアン・ローズウッドは南洋材だ、
だから大きな樹木には育たない、直径がほぼ150mm程度だ、
だとするなら、木目は細かい」、と教わりました。
それ以後今日まで素材は必ず本物を見て確かめることが重要です。
今、まだ本物を確かめていないモノは、
ウラン鉱石です。
聞いた話では、幾重にも色彩が光り輝いているということです。
それなら、ネックレスに!と、
しかし、そんなことをすれば被爆してしまいます。
だから、絶対に見たいのはプルトニウムそのものを、
素材として確かめることも重大だと思っています。

「大好きな色鉛筆・最近のお気に入り」
「プロとして元気の素は鉛筆への作法」


目次を見る

『「危機管理学」という学域の再構成へ』


   


     3月 29th, 2014  Posted 7:17 PM



阪大に特任教授として残り、一年間、
「危機管理学プロダクトデザイン寄附講座」にて、
いくつかのプロジェクトを研究・提案・講義してきました。
特に「KK塾」を阪大・中の島センターにて6回目の講演対談をし、
第一期「KK塾」を終えることができました。
最終講義は、大阪大学の友人であり敬愛する澤教授にて、
大阪大学を最も代表する第一外科・心臓血管外科が、
大阪大学なればこそできる、iPS細胞の臨床実務の数々から、
世界的に今後、日本が診療の国際貢献の要になる実例など
「先端医療とデザイン」を第一外科教授だけではなく、
国内外のプロジェクトリーダーとしての講演を終えました。
これまで、6人の教授や企業家を私の選別で塾をやりました。
本当に、全講師の皆さんの講義は第二期塾を要請されています。
この一年、実際は、日本列島へいつ来るかという天変地異を意識し
「危機管理学」を見直してきました。
結果危機は管理学的な学術性では論理的な欠陥を見いだしました。
そこで、「危機管理学概論」を出版している出版社社長にも、
危機管理学は深度がないので、新たに「危機解決学」という実務、
管理学ではない解決実務学こそ重大であると提案しました。
危機とは、危険(dengirous)と機会(opotunity)、
つまり、危険というチャンスを生かして「最悪の状態」
生きのびる事=死から解放される事を目指すということを確認し、
今後は、危機管理学を超えて「危機解決デザイン学」にします。
この4月より実務学的=デザインで、防災・防犯・救済・救護へ、
医学・工学・制度学・行政学へ「デザイン」を向けます。
そのためには、今も各種、特に、減災と防災と救済を基本に、
実務としてのデザインをまた活動していきます。

『「KK塾」大野ゆう子教授からスタートしました! 』
『人類の夢・宇宙開発を支える「信頼・安全性工学」』


目次を見る

3月28日staffblog


   


     3月 29th, 2014  Posted 4:51 PM

3月28日

本日行いました、
第6回kk塾では
大阪大学心臓血管外科教授の
澤芳樹先生をお招きし
「先端医療とデザイン」
というタイトルでご講演いただきました。




大阪大学で進められている
人のips細胞(人工多能性幹細胞)から、
心臓の筋肉(心筋)のシートを作る研究や
再生医療の将来等とても有意義の
お時間いただきました。
ありがとうございます。

kk塾2013は皆様のおかげさま
これで第1弾は終了させていただきますが、
2014年秋第2弾を準備しています。
お楽しみに!!!

kk塾の後は
取材とタケフナイフビレッジの若手との
商品開発打ち合わせでした。


目次を見る

3月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 29th, 2014  Posted 9:30 AM

3月29日 己亥(赤口)


磯崎のクラマタのかたちへのことばは、
その相対化が、
レトリックとして、
とても心地よいものを感じる。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』6変形という観念としての裏切り


目次を見る

3月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 28th, 2014  Posted 9:30 AM

3月28日戊戌(大安)


私は、
クラマタの仕事=かたちの仕掛ける事を
日の当たりにするこち、
自分の既視経験を
一撃で倒される気がする。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』6変形という観念としての裏切り


目次を見る

『隣国・韓国とは国際関係論を遵守するだけでいい!』


   


     3月 28th, 2014  Posted 12:00 AM



韓国とは本当に馴染みがたい国だと思わざるをえません。
私にとって、
韓国が隣国であってもそれ以上の国家ではありません。
そして私には韓国に馴染み深い元スタッフ(現教授)も、
現スタッフもデザイナー仲間も大学教授など多くの友人がいます。
しかし、政治の世界において、
私は見事なる国際関係論の間柄を遵守すべきだと考えます。
教科書問題・靖国問題・南京問題・慰安婦問題が、
私たち国家を非難する国々とは、強固な国際関係論でいいのです。
国際関係論とは決して「仲良く出来ない間柄」での契約制度です。
この冷徹さを持って特に隣国と接していくべきだと考えます。
特に、韓国との間での靖国問題も慰安婦問題も、
正当なる冷徹さを固持すべきです。
靖国問題は死者への慰霊は他国から干渉などの無用を断言します。
慰安婦問題ともなれば、戦時中の商売でしかなかった事実の歪曲。
日本人はとりわけ敗戦後、愛国心を奪われてしまった民族です。
しかし、わが国政権トップへの、隣国の礼節の無さを知れば、
かえって愛国心は隣国である朝鮮と中国に向ける風潮になります。
私は、たとえ風潮で生まれた愛国心であっても込めるべき事は、
知性ある冷徹な関係論であり、友好国家意識などは全く無用です。
所詮、言葉と文化が異なることの相互互助の認識は、
決して、友好である必要性など無味無効です。
もし友好関係は外国人友人に向けられたミクロな意識で充分です。
私は、地政学的な国家防衛論が母体の国際関係論を、
日韓トップの会談での礼節さと非礼さを確認する限りの判断、
まして米国との関係論には
再度熟考吟味された知性深い冷徹さが不可欠になりました。
私たちには、世界でも最高峰の技術があります。
その技術で国家防衛を果たす冷徹な国際関係論を強化すべきです。

「KAIST=韓国科学技術院の先生を招いて」
「韓国の勢い・16茶より17茶という意気込み」
「日本・日常的な地図図形認識を変更すべきだ」


目次を見る

3月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 27th, 2014  Posted 9:30 AM

3月27日 丁酉(仏滅)


現代、
かたちが概念のイマジネーションとして
映っているデザイナーはいるのだろうか?



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』6変形という観念としての裏切り


目次を見る

1 2 3 4 5 6
  • Archives

  • Categories