kazuo kawasaki's official blog

Archive for 2月, 2018


02月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 28th, 2018  Posted 12:00 AM

02月28日 先勝(辛卯)

プレゼンテーションとは、
発表者の「人格表現」であり、
また発表者の「自己表現」、
「自己実現」に
直結しているとさえ思うのである。



『プレゼンテーションの極意』はじめに


目次を見る

02月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 27th, 2018  Posted 12:00 AM

02月27日 赤口(庚寅)

「プレゼンテーションは
私のプロフェッショナルな
デザイン手法の一つである」
と考えている。



『プレゼンテーションの極意』はじめに


目次を見る

02月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 26th, 2018  Posted 12:00 AM

02月26日 大安(己丑)

「プレゼンテーション」というのは
自己表現に他ならない。



『プレゼンテーションの極意』与えられた機会への感謝を忘れてはいけない


目次を見る

02月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 25th, 2018  Posted 12:00 AM

02月25日 仏滅(戊子)

プレゼンテーションとは、
ある理想を実現化するための
最終段階ではない。

ただひとつのスタート地点に
過ぎないのだ。



『プレゼンテーションの極意』与えられた機会への感謝を忘れてはいけない


目次を見る

02月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 24th, 2018  Posted 12:00 AM

02月24日 先負(丁亥)

「与えられた機会に感謝する」、
そのことに対してさらに
考えられることがある。

それは、やってきた「機会」に対して、
より詳細に感謝することで、
今後の自分への行動のけじめが
明確になるという点である。



『プレゼンテーションの極意』与えられた機会への感謝を忘れてはいけない


目次を見る

02月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 23rd, 2018  Posted 12:00 AM

02月23日 友引(丙戌)

自分がそこで話すチャンスを得られた。
そのことに
感謝できるかどうかということが重要だ。



『プレゼンテーションの極意』与えられた機会への感謝を忘れてはいけない


目次を見る

02月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 22nd, 2018  Posted 12:00 AM

02月22日 先勝(乙酉)

面白い話ができるというのは、
「わが」話を気「まま」に
伝達できるということだ。



『プレゼンテーションの極意』第2章「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

02月21日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 21st, 2018  Posted 12:00 AM

02月21日 赤口(甲申)

プレゼンテーションは、
一回一回がトレーニングになるものだ。

まさしく発想、表現、伝達のための
試行錯誤のひとつの方法でもあるのだ。



『プレゼンテーションの極意』


目次を見る

02月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 20th, 2018  Posted 12:00 AM

02月20日 大安(癸未)

言葉では言い表せない、
道断=言わず言わずの
世界があるのだ。

これは、
道元の見通した
世界である。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」。


目次を見る

02月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 19th, 2018  Posted 12:00 AM

02月19日 仏滅(壬午)

プレゼンテーションとは、
夢を表現する
「説得と納得」の「手法と態度」であり、
それは、
口説きの思いやりである。



『プレゼンテーションの極意』


目次を見る

1 2 3