kazuo kawasaki's official blog

Archive for 10月, 2020


10月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 31st, 2020  Posted 12:00 AM

10月31日 大安(丁未)

『教材としてのデザイン』

デザイン導入が
儀式化して一発花火で
終わっているケースも
出てきているようである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 30th, 2020  Posted 12:00 AM

10月30日 仏滅(丙午)

『教材としてのデザイン』

しかし、
地方でのデザイン活動を維持し、
持続させていくには
多大な努力が必要である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 29th, 2020  Posted 12:00 AM

10月29日 先負(乙巳

『教材としてのデザイン』

したがって、
この問題解決に、
デザイン手法の導入が
期待されるとともに、
各地での試みは、
その効果も
生まれつつあるとは考えたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 28th, 2020  Posted 12:00 AM

10月28日 友引(甲辰)

『教材としてのデザイン』

この地方活性化という
グランドデザインは、
デザインにとっても
重大な課題であると考えたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 27th, 2020  Posted 12:00 AM

10月27日 先勝(癸卯)

『教材としてのデザイン』

その影響は、
全国各地の地場産業や
伝統産業の存続問題にまで
つながって顕著である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 26th, 2020  Posted 12:00 AM

10月26日 赤口(壬寅)

『教材としてのデザイン』

東京への一極集中は、
地方の経済的基盤を
地盤沈下させている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 25th, 2020  Posted 12:00 AM

10月25日 大安(辛丑)

『寓話としてのデザイン』

想像力をメディアに、
やがて、
モノの経済性と政治性を
管理することが
「寓話としてのデザイン」、
その目標となるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 24th, 2020  Posted 12:00 AM

10月24日 仏滅(庚子)

『寓話としてのデザイン』

そのために、
想像力こそ
世紀末のメディアにする
必然がある。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 23rd, 2020  Posted 12:00 AM

10月23日 先負(己亥)

『寓話としてのデザイン』

想像力が単純な明快さを、
社会に大衆の面前に引き出す、
そんな新しい
モノの体系づくりをめざすこと。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 22nd, 2020  Posted 12:00 AM

10月22日 友引(戊戌)

『寓話としてのデザイン』

想像力を強化する
民主主義と経済を仕込むための、
寓話としてのデザイン、
こんな荒唐無稽を、
デザインが語りベとなって
語ること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4
  • Archives

  • Categories