kazuo kawasaki's official blog

Archive for 1月, 2021


1月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 31st, 2021  Posted 12:00 AM

1月31日 赤口(己卯)

『反戦としてのデザイン』

大砲の砲筒を
グンニャリと曲げて、
ぬぎすてた戦闘服を
敷きつめて座り込み、
もたれかかってしまうこと。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 30th, 2021  Posted 12:00 AM

1月30日 大安(戊寅)

『反戦としてのデザイン』

倚子あるいはソファに
イメージのパリティを
与える考慮は
このシーンから
始めることが出来る。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 29th, 2021  Posted 12:00 AM

1月29日 仏滅(丁丑)

『反戦としてのデザイン』

戦闘服をぬぎすて、
素裸でソファにくつろぐこと。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 28th, 2021  Posted 12:00 AM

1月28日 先負(丙子)

『反戦としてのデザイン』

いわば、
休息とは
砲筒を使用不可能にすること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 27th, 2021  Posted 12:00 AM

1月27日 友引(乙亥)

『反戦としてのデザイン』

現代、
地球上のどこかで
銃弾が飛びかい、
兵士達は戦死という
休息以外の休息・平安は
あり得ない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 26th, 2021  Posted 12:00 AM

1月26日 先勝(甲戌)

『反戦としてのデザイン』

個人的休息・平安は事件、
この非日常性を
圧することで可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 25th, 2021  Posted 12:00 AM

1月25日 赤口(癸酉)

『反戦としてのデザイン』

事件は
日常的フェィズを
断ち切る。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 24th, 2021  Posted 12:00 AM

1月24日 大安(壬申)

『反戦としてのデザイン』

休息、
平安がもたらす休息への考慮—
いま、休息とは。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 23rd, 2021  Posted 12:00 AM

1月23日 仏滅(辛未)

『反戦としてのデザイン』

しかし、
このパリティの保存則こそ
未来を呼び込む
アルゴリズムだと考えている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 22nd, 2021  Posted 12:00 AM

1月22日 先負(庚午)

『反戦としてのデザイン』

当初は
受け手側に新しすぎるゆえに、
納得の手がかりすら
見つからないとまどいの
パリティが充満するだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4