kazuo kawasaki's official blog

Archive for 8月, 2021


8月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 31st, 2021  Posted 12:00 AM

8月31日 赤口(辛亥)

『相観としてのデザイン』

群集は
経済的な相観でしかない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 30th, 2021  Posted 12:00 AM

8月30日 大安(庚戌)

『相観としてのデザイン』

相観論での群落は、
フォーメーションである
群系と
アソシエーションである
群集に
分類される。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 29th, 2021  Posted 12:00 AM

8月29日 仏滅(己酉)

『相観としてのデザイン』

一般的なことばで
表現すれば
エコノミーと
エコロジーの
最大の差異と差違は、
この相観論的な
視座での
座標上の
人間存在点の
認識である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 28th, 2021  Posted 12:00 AM

8月28日 先負(戊申)

『相観としてのデザイン』

この止揚は
人間から自然への
経済的な客観論から、
生態学という
自然から人間への
主観論へとなり、
経済的な価値評価を
問題外に
していることである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 27th, 2021  Posted 12:00 AM

8月27日 友引(丁未)

『相観としてのデザイン』

生物の
経済学的な論察から
離れることができなかった
生物学が、
生態学の
地球規模的な
大きな視野から、
その景観で
見直そうとした考察の
止揚があったこと。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 26th, 2021  Posted 12:00 AM

8月26日 先勝(丙午)

『相観としてのデザイン』

最大の理由は二つある。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 25th, 2021  Posted 12:00 AM

8月25日 赤口(乙巳)

『相観としてのデザイン』

これは単なる、
景観的な群落の
認識手法としての
術語としてよりも、
景観や環境を
把握していく上で、
今後重要な予兆を
含んだことばとして
考えていきたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 24th, 2021  Posted 12:00 AM

8月24日 大安(甲辰)

『相観としてのデザイン』

植物の群落を
外観的にとらえることばを、
「相観」と言う。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 23rd, 2021  Posted 12:00 AM

8月23日 仏滅(癸卯)

『組織としてのデザイン』

きわめて独立的、
独善的、
独我的デザイナーの
存在性そのものを、
これからのチーム

「組織としてのデザイン」
と考える
革新的手法を
開発していきたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 22nd, 2021  Posted 12:00 AM

8月22日 先負(壬寅)

『組織としてのデザイン』

これからの
デザイン組織
あるいは
集団の中の
デザイナーの個性は、
支配を運営すること、
さらに協働を維持する
良識が
求められるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4