kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「デザインは『付加』するものではないということ・2」



デザインは応用芸術ではない
デザインという職能効果は、バウハウス時代に様々なアプローチがあり、
建築や芸術との学際性に位置づけられていました。
その後、米国の大量生産と大量消費に結びつきました。
デザインが「付加価値」というのを招き入れたとするなら、この時代です。
「デザインは外観づくりの応用芸術」と見なされた過去があったことです。
以前、「デザイン講座」的なTV番組の中ですら、デザイン評論家が、
「商品の外観は、付加価値」的な発言を講義していました。
それは、当時の経済評論家たちも追随する風潮であり、それが歴史的な誤謬だと、
私は考えており、デザイン界の一部には容認できない内容でした。
当時、デザイナー仲間で、哲学者N先生の元にて理論構築をしたことがあります。
デザインの本質的な役割に、「問題解決」・「難問解決」と結論を持ち合いました。
私も参加し、議論させてもらっていましたが、
その時には、すでに私は「タケフナイフビレッジ」を「越前打刃物産地」に実現していました。
「タケフナイフビレッジ」に掲げたテーマは、
「私たちは美しい切れ味を鍛えています」ということでした。
これは、明白に、伝統技・産地活性と存続・刃物の未来性でした。
そして、問題解決は、三つの方向で見いだしていました。
それは「モデル化」です。
● 伝統技の現代的な技術進化・伝統技の徹底的な分析
● 素材開発から市場流通のデザイン主導
● 産地の未来像を時系列的にデザイン計画
この三つの「モデル化」は、そのまま「デザイン価値」が産業化されていない、他の地場産業、
中小企業、さらには「付加価値という誤解がまかり通っている大企業」にまで、
展開することができると私は確信しました。
特に、テクニックからエンジニアリングにするためのテクノロジーは、
デザインが持ち込むことができる。
産地存在の広報広告には、ブランドの確立から、
産地アイデンティフィケーションの確立が必然であるということ。
「製品」から「商品」になるための「情報戦略」
こうしたことを統合化し、主導するのがデザインであり、
産地がただ産業化していると思い込んでいる「商品」は、
すでに現代的な「価値評価」が行われていないことを、
産地職人のみんなに伝えていくことでした。
最も、彼らが「商品価値」として認識してくれたことがあります。
それは「商品写真」でした。
「このカメラマンはダメダ」という会話を聞いた時です。
「このナイフのこことここの光り方が撮れきっていない」という評価に私は驚きました。
すでに、彼らにとって、デザインによって可能になったことは、
「付加された外観的なこと」ではなかったわけです。
ユーザーに「製品価値」が消費する「商品価値」となるためには、
産地存在から製品までを「全体価値」にしていくデザイン、
それが不可欠になっているという認識でした。
そこで、私がその「全体価値」を「物語」と言って彼らに伝えていました。


tag: エンジニアリング, タケフナイフビレッジ, テクニック, テクノロジー, デザイン講座, バウハウス, ブランドの確立, モデル化, 主導, 付加価値, 伝統技, 価値評価, 全体価値, 商品, 商品写真, 問題解決, 大量消費, 大量生産, 市場流通, 広報広告, 応用芸術, 情報戦略, 技術進化, 時系列的, 物語, 産地アイデンティフィケーション, 産地活性と存続, 素材開発, 職能効果, 製品, 越前打刃物産地, 難問解決


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
  「デザインは『付加』するものではないということ・2」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:29 AM on 5月 1st, 2016

    [...] *『「闇に座す」=土・立、修辞学的な造形の込めた願い』 *「デザインは『付加』するものではないということ・2」 *「関西海事教育アライアンス・6年目の演習課題プレゼン」 tag: 28歳, [...]


This entry was posted on 火曜日, 7月 20th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 039「デザインは全体価値」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.