kazuo kawasaki's official blog

8月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



8月7日 先勝(戊子)


言い換えると、好き・嫌いとは
低次元な価値評価としての要素を
多分に含んでいる。

ここで言う低次元とは、
評価・判断というレベルで
熟考されたわけでもなく、
知的でもないことを意味する。



『デザインは言語道断』好奇


tag: KazuoKawasaki, 低次元, 価値評価, 判断, 好き, 嫌い, 川崎和男のデザイン金言, 熟考, 知的, 評価


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 8月 7th, 2010 at 1:16 PM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.