kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「車イスは器械だから、『自力』の身体化は必然訓練」



壮絶なのは日常なり
私は、自分の交通被災から車イスのデザインをしました。
この実体験は「壮絶」と思われているようですが、
「生きている日常の方が壮絶」だと思っています。
本当の「壮絶さ」な人間界の話はいづれ書きます。「悲惨な壮絶さ」は潜んでいるのです。
五大器械
さて私は、車イスは道具ではなくて「器械」だと言っています。
器械は、『周礼』では、「器は楽器で、械は武器」、
『後漢書』では、「器は内に盛るモノ、械は外に盛るモノ」、そして『荀子』では、
「器は、鎧(よろい)冑(かぶと)で、械は矛(ほこ)弓(ゆみ)ということになっています。
一方、古代西洋のヘロンは五大器械を、てこ・ろくろ・くさび・ねじ・滑車と定義していますから、すべからく「人力」という力学が関わっているということです。
自力養成訓練
そこで、私は車イスを「自力」デザインで開発と、乗りこなせる「自力養成」をしてきました。
救急病院時代は、プラスチックのギブスで上半身をカバーしながら、
退院間際には、ようやく2kの砂袋を10cmぐらい動かせるようになっていました。
半年後に労災病院で、いよいよ本格的なリハビリテーションを受けることになりました。
それは自分を鍛え直すことになったのです。
まず、700ccの水を1日に3回飲み干すことです。これは体の水分を保持し排泄訓練のためでした。
おかげで、容器を見れば何ccかすぐにわかりますし、
今も、ともかく最低2000cc以上で体内水分調整することです。
相変わらず、発熱は連続していました。朝の検温で37度だとトレーニングはできません。
だから、37度を越えていると必ず37度以下にして、トレーニングを受けました。
案の定、トレーニング中に高熱となり幾たびか倒れました。
問題は、2k程度ではまったく車イスどころか、「自力」でベッド上で体を起こすことはできません。ともかく5kの鉄アレーでのトレーニングをめざしました。
七つのパターンを各150回上げ下げをすることになります。
ベッドでの起立は、当時の日本のリハビリ標準値は一ヶ月でした。
しかし、ベトナム戦争傷病兵のリハビリ本が東芝のデザイン部門は届けてくれました。
それによると米国では2週間というメニューがありました。私はそれを目標にしたのです。
車イスに乗るためには150kの鉄アレートレーニングが必要。
これは鉄棒での懸垂運動30回程度相当です。
自力力学
つまり、人間の「自力エネルギー」というのは、自分の体重を自力でコントロールする力学を、
「自力的に身体化」するということです。私のリハビリトレーニングは「優等生」でした。
それが出来たのは、中高大までにスポーツで鍛えてきたことが役に立ったということです。
水泳・スキー・空手・少林寺拳法・ロッククライミングでの経験があったために、
失われていた「自力」の回復は半年で150kの鉄アレーで回復させることができました。
やっぱり、車イスは器械です。
だから自転車も道具ではなくて、「自力と平衡感覚力」を駆使する器械だと断言できます。


tag: 150回上げ下げ, 2000cc, 37度, 50k, 700cc, くさび, てこ, ねじ, ろくろ, ヘロン, ベトナム戦争傷病兵, リハビリテーション, リハビリ本, リハビリ標準値, 五大器械, 交通被災, 人力, 体内水分調整, , 力学, 労災病院, 周礼, , 器は内に盛る, 器械, 平衡感覚力, , 懸垂運動30回, 排泄訓練, , 械は外に盛る, 検温, 楽器, 武器, 滑車, , 自力エネルギー, 自力的に身体化, 自力養成, 荀子, 車イスのデザイン, 鉄アレー,


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
  「車イスは器械だから、『自力』の身体化は必然訓練」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:39 AM on 9月 13th, 2017

    [...] * 『思い出の38豪雪と56豪雪、雪と対決してきた我が人生』 * 「車イスは器械だから、『自力』の身体化は必然訓練」 * 「慈愛は慈善には決してつながらず」 [...]


This entry was posted on 月曜日, 8月 23rd, 2010 at 12:00 AM and is filed under 044「車椅子と自転車」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.