kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「Media Allianceへのアフェレーシス」



「界面」=インターフェイス
医学術語ならアフェレシスなので、
私は、コンピューター用語にしていくために、アフェレーシスと呼称しておきます。
ところで、apheresis=分離は、元来コンピューター用語では成立していたのです。
油と水は分離します。化学的な現象です。
その分離している油と水の境界面、これを「界面」と呼びます。
この「界面」をインターフェイスと呼び、そのままコンピューター用語になっているわけです。
しかし、私が意図しているアフェレーシスは、情報を分離していくことで、
それぞれの分離された情報系=情報システムが協働する=アライアンスしていくことです。
その情報系システムを構成しているのは、
コンピューターとロボットです。
無論、ロボットにはコンピューターが内蔵されています。
しかも、私はこの時、
コンピューターも「消えている」=見えない=クラウド化していることを詳細に示しています。
したがって、あらためて問題は「分離」=アフェレーシスを成し遂げるハードとソフトです。
そしてこのハードとソフトは、不可視なのです。
水や空気のように、在って当たり前ですが、
日常的には存在していない社会基盤になっているということです。
あらためて再度、情報は「情勢報告」という戦争論にあてはめて熟考し直すことができるでしょう。
分離・アフェレーシスの協働
二つのことが考えられます。
■ 分離する方法や処方
■ 分離した成果同士を協働させること
この二つを考えていこうということです。
これは、エンゲルスが、大戦学理とまで邦訳された論理に注目しておくべきだと
マルクスに進言した内容につながっていると考えています。


tag: アフェレシス, アフェレーシス, インターフェイス, クラウド化, コンピューター, コンピューター用語, ロボット, 医学術語, 大戦学理, 情勢報告, 情報系システム, 界面


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
「Media Allianceへのアフェレーシス」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:34 AM on 8月 14th, 2017

    [...] * 『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定』 * 「Media Allianceへのアフェレーシス」 * 『四句分別にある明解な「的」は曖昧性を強化する』 tag: [...]


This entry was posted on 日曜日, 9月 19th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 051「情報社会のアフェレーシス(分離)」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.