kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
 「グローバリゼーションはローカリズムの対極だろうか」



地方都市の疲弊
私は伝統工芸に携わってから、
地方主義・郷土主義へと入っていきました。
特に、国策だった四全総とふるさとの伝統工芸産地、
その活性化をデザイン手法の導入で試みながら検証していました。
結果、「活性化」の根本的な要因に気づきました。
ところが、ふるさとの産業経済、景気は大変動時期に入っていきました。
地方都市の中心部の商店街は郊外に乱立始めたショッピングモールで、いわゆるドーナツ現象。
現在では、商店街はシャーッター街になり、地方都市の疲弊化は激化しています。
一極集中化している企業の多国籍化が、グローバリゼーションを加速化し始めていました。
私はふるさとの伝統工芸産地で地方主義のあり方を見つめはじめましたが、
グローバル:globe(球形・地球)という言葉、
その形容詞globalから派生したglobalizationがラングとして登場していたのは1960年代でした。
しかし、詳細な検討が社会学的にとらえられるのは1980年代です。
その理由は、西欧文化と資本主義が近代世界システム論として整理されたからだと考えています。
したがって、日本の地方主義での経済資本は常に東京に集中し、
地方の補助支援が分散化される制度となりました。
結局、グローバリゼーションというのも、グローバル資本は先進国金融システム化され、
結果として、国際的な文化生産を支援していたことになります。
グローバル資本による文化生産
私は、日本の伝統工芸が文化生産に結びついてくれることをいつも念頭においていました。
しかし、これは単なる想像にすぎなかったと今では思っています。
グローバリゼーションは、国境を越えて拡大すれば、均質化と差異化は明確となって、
その反極はナショナリズムに引き戻されたと思います。
だから、ローカリゼーションはグローバリゼーションの対極にはならなかったと考えています。


tag: 057「グローバリゼーション」, グローバリゼーション, グローバル, シャーッター街, ショッピングモール, デザイン手法の導入, ドーナツ現象, ナショナリズム, ラング, 企業の多国籍化, 伝統工芸, 先進国金融システム化, 四全総, 地方主義, 均質化, 差異化, 文化生産, 活性化, 近代世界システム論, 郷土主義


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
 「グローバリゼーションはローカリズムの対極だろうか」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:06 AM on 6月 18th, 2014

    [...] 『昭和に「東京」への地方から・歌手たちの想い』 「グローバリゼーションはローカリズムの対極だろうか」 「一極集中・東京が引き込んだ失策」 [...]


This entry was posted on 月曜日, 11月 15th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 057「グローバリゼーション」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.