kazuo kawasaki's official blog

11月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



11月17日 先負(辛未)

発明したら発表するべきだ。
商品化できなくとも、
夢はみんなが共有できるではないか。

米国は、この手法で
どれだけ夢だけを与えて、
その後で思いっきり
失望させてもくれたことか。

それが情報化時代というものだ。

『デザイナーは喧嘩師であれ』器量相発


tag: KazuoKawasaki, 共有, 商品化, 器量相発, , 失望, 川崎和男のデザイン金言, 情報, 情報化, 手法, 発明, 発表, 米国


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 11月 17th, 2010 at 10:31 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.