kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
   「やはり「かたち」に、これがデザインの鉄則」



「デザイン=かたち」
私はデザイナー、死ぬまで言い続けるでしょう。
そしてデザインしたモノに「かたち」を与えます。
必ずや、「デザイン=かたち」の世界観に自分の存在があります。
しかも「かたち」という「カタチ」はありえないことが肝要です。
知覚から認識
「かたち」はまずは視覚化が大前提です。
次に「触覚化」できれば、見て触って確実に知覚できます。
知覚によってこそ、認識できるわけです。
私は、「聴覚のためのモノづくり=機器デザイン」から、
デザイナーという職能家になりました。
若いときには、「聴く・聞くカタチ」があってほしい。
それは音楽というかたちでは無いモノを追いかけてきました。
そのおかげで、「きく・かたち」=聴覚という知覚を体験する幸運に恵まれ、
今なお、いわゆるHi-Fi機器で日常生活を包み込んでいます。
だから、Hi-Fi機器には、ほとんど他人には分かってもらえない領域や機器世界観があります。
この世界観と生きてきたことも最高の幸せに恵まれていると思っています。
したがって、見る・触る・聴くカタチが「かたち」には在ると確信しています。
知覚・認識という実感は
ということで、突然、電話、それもケータイデンワのかたちを取り出すことを思いつきました。
その知覚性が認識に至ることは、現在の大きな「かたち」認識のことにつながっています。
ともかく、このことを厳密に熟考すれば、
大変に重大なことを知覚・認識、すなわち「人間として生きている実感」、
その世界観に至るだろうと予想するのです。
結論を急ぎたいのですが、
とても大変に大きな誤解を文意に書き残しそうなので、ここまでとしておきます。
結局は、「デザインするかたち」と「かたちとしてデザイン」されたこと、
どっちが先かということでもあるのですが・・・。


tag: 「かたち」, 「カタチ」, かたちとしてデザイン, きく・かたち」=聴覚という知覚, ケータイデンワ, デザインするかたち, デザイン=かたち, 機器デザイン, 知覚, 聴く・聞くカタチ, 聴覚のためのモノづくり, 見る・触る・聴くカタチ, 視覚化, 触覚化, 認識


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
   「やはり「かたち」に、これがデザインの鉄則」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 4月 11th, 2016

    [...] *『コンセプトからイノベーションは起こらない』 *『やはり「かたち」に、これがデザインの鉄則』 tag: CG, Computer Graphics, dolly, eye-point, LINE, SCOPE, view-line, view-point, コト空間, [...]


This entry was posted on 火曜日, 11月 30th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 900「かたちと造形思考」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.