kazuo kawasaki's official blog

「資本主義からの逃走」
 「ビジュアルC.I.ロゴタイプの基本はレタリング技能」



デザインストローク訓練
美大時代、最も厳しかった実技実習。
それは「レタリング」でした。
デザインストロークという技術をマスターします。
フリーハンドでラインを描く手法です。
次に、カーペンターペンシル(平板の黒鉛芯)で、英文字を描きます。
英文字には筆順がありますから、これをマスターします。
今、こうした実習はなくなりつつありますが、
私はデザインストロークは必ず「デザイン基礎技能習得」として教えています。
工業デザインでは、英文字レタリングは何種かをフリーハンドで描けるように
徹底したトレーニングで鍛えられました。
私は下手だったので合格するまで徹底的に仕込まれました。
しかし、そのおかげでレタリングには画然たる自信があります。
レタリング技量
したがって、ビジュアルC.I.での企業ブランドのロゴタイプをデザインする技量の基本は、
トレーニングされた技能が必要だと確信しています。
最近では、PCのソフトで簡単に作成できますが、
その技能では、「レタースペース」=いわゆるカーニングとか、
「ヘアーラインバランス」=視覚補正が未完成なレタリングでのロゴタイプが氾濫しています。
私はいくつかの企業ロゴタイプもデザインしています。
あえて作品集や個展でも展示したことがありませんが、
企業ロゴタイプは、企業シンボルとしてその成長やイメージに直結しています。
ロゴタイプデザインは「手」で
私の経験値では、「企業シンボルとしての企業ロゴタイプ」は、
直感的に、このデザインでは、企業イメージ、企業C.I.としての成否判断ができます。
私はデザイナー育成教育の基礎として、
感性的な技量・センス訓練に、デザインストローク訓練はとても大事だと判断しています。
ビジュアルC.I.としての企業ロゴタイプは、PCを使わずに、
まず、ロゴタイプデザイン・レタリングの基本は「手」で生み出すべきだと考えています。


tag: カーニング, カーペンターペンシル, デザインストローク, デザイン基礎技能習得, ビジュアルC.I., フリーハンド, ヘアーラインバランス, レタリング, ロゴタイプデザイン, 企業シンボル, 企業ブランドのロゴタイプ, 企業ロゴタイプ, 実技実習, 工業デザイン, 美大時代, 英文字レタリング, 視覚補正


目次を見る

One Response to “「資本主義からの逃走」
 「ビジュアルC.I.ロゴタイプの基本はレタリング技能」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:47 AM on 2月 14th, 2014

    [...] 「デザイン基礎力の一つから現代社名ロゴをみると」 「ビジュアルC.I.ロゴタイプの基本はレタリング技能」   tag: R曲線, オリンピック, カラー仕様, スポーツ選手, ソチ五輪, [...]


This entry was posted on 土曜日, 2月 12th, 2011 at 12:53 AM and is filed under 070 「企業C.I.とブランド」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.