kazuo kawasaki's official blog

「人口急増は新文明の創発を指示している」



世界の人口は、
すでに69億4000万人を突破。
1分に137人、
1日で20万人、
1年で7000万人と増加し、
1年に6000万人が亡くなり、
1億3000万人が生まれてくるらしいのです。
そして、100億人が地球上で生きている現実は、
すでに想定内となってきたようです。
この想定内に、私たちが想像力を駆使して、
創造していかなければならない問題は山積しています。
それ以前に、
私たち日本は過酷な現実=大震災と原発事故の救済を
自助解決しなければなりません。
私自身、世界の人口構成の激増は、
新文明の創発になると意識し始めたのは正直最近です。
デザインが文化の下敷きと言ってきましたが、
文明そのもののデザインが必至であり、
この現実に直面していると思い知らされています。
物質・情報・エネルギーのさらに基盤に、
真実のありようは荒れ狂う自然力という風景です。
文明の創発のためには、自然との調和ではなくて、
一瞬にして自然に押しつぶされてしまう、
人工化してきた文明構造を再考し熟考し、
人間には何ができるのかを再構成・再編集することです。
21世紀は、「新文明」を、
自然の尊大なる力に、どこまで従順化し、
科学技術がどこまで自然と対峙する可能性への接近です。
つまり、科学も技術も、さらに科学技術そのものを、
ゼロから問い直すことなのでしょう。
そして、その象徴と対象に、ずばり原子力があり、
エネルギー問題・水問題、こうした問題解決が、
「新たな文明デザイン」に違い無いと考えています。
人口は、人間と文明との基本構造なのでしょう。
私は自然と人間は調和ではなくて、
従順なる対決が新文明観なのではないかと思うのです。


tag: 100億人, エネルギー問題, 世界の人口, 人口構成の激増, 新文明の創発, 新文明観, 水問題, 荒れ狂う自然力という風景, 過酷な現実=大震災と原発事故の救済


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 5月 27th, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.