kazuo kawasaki's official blog

「現代文房具はどうして面白いのか」



文房具は、私はなぜか好きです。
おそらく嫌いな人はいないでしょう。
そして、文房具の種類は圧倒的に膨大。
これは文化と直結しているモノの大体系です。
「書く」という行為、
人間が表現をする「書く」という所作を取り囲んでいます。
基本は、「紙」と「鉛筆」、消しゴムであり、
やがて、紙周辺、鉛筆の進化、
書いても訂正するというためのモノに広がっています。
そして、さらに電子化と情報処理が加わって、
文房具のアイテムは格段に増殖している世界に私たちは居ます。
「鉛筆」というモノの発明が、
私たちが表現する世界をさらに拡大し、
表現された事を記録し、残していく所作の道具や器具も、
文房具になっていくわけです。
あらゆる鉛筆への興味は、
筆からペン、万年筆、さらには電子ペン、
それらが趣味収集の対象にしているの事が、
私の生涯をすべからく表していると言ってもいいわけです。
ちなみに、私はどんな服装の時でも、
「ペンの類」が無いと不安になります。
だから、ちょっとした外出でも、
それに見合ったペン=ボールペンなり万年筆を携帯します。
出張ともなれば、万年筆は使わずとも6本は選びます。
万年筆の新製品には心を奪われます。
そして実は、万年筆の軸がプラスチックの場合、
このレジンの流行がメガネフレームの流行と連動していることを
知っている人はいないのではないかと思っています。


tag: のこしていく所作, アイテム, プラスチック, ペン, ボールペン, モノ, レジンの流行, 万年筆, 万年筆の軸, 体系, 出張, 器具, 情報処理, 所作, 文化, 文房具, 書く, 消しゴム, 生涯, 発明, 眼鏡フレームの流行, , , 行為, 表現, 記録, 趣味, 連動, 道具, 鉛筆, 電子か, 電子ペン


目次を見る

One Response to “「現代文房具はどうして面白いのか」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 3月 1st, 2014

    [...] 「日本ではあまり知られていないデジタルペンの利便性」 「現代文房具はどうして面白いのか」 「スタイラスペンは、まだまだ進化が必要」 [...]


This entry was posted on 金曜日, 6月 3rd, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.