kazuo kawasaki's official blog

「日本のProduct Desigerを日本から」



「DESIGN TOKYO」展、
2年目になります。
若い世代・次世代デザイナーには、
今国内コンペがありません。
あるのは、企業が自分の企業戦略として、
自身の企業商品アイディアを求めるものです。
したがって、次世代には自分のアイディアを
自由に発表する機会がありません。
海外の有名な見本市での発表は、
相当の出費を余儀なくされ投資効果ありません。
またそうした知名度のある見本市では、
出展させて見本市企画会社がある意味では、
次世代から出展料を取るだけの所も目に付きます。
最近では韓国や近隣の若手デザイナーは、
欧米でのそうした出展はしていませんから、
ある意味では日本人はカモにされているようです。
そうしたこともあって、
おおまかなテーマ、椅子・照明器具・スピーカーに、
今年は途中から防災グッズも加えてみました。
椅子などはやはり商品化までが困難さがありますが、
照明器具・スピーカーはあと一息で商品になるようです。
今年はMoMA のキュレーターや実力あるバイヤーに、
審査委員をお願いしました。
来年はもっと「実務で支援体制」を固め、
「日本から次世代デザイナー存在」を発信させます。
私自身は30代に米国・Accent on Designから、
デビューしました。
当時、米国でいきなりCNNに作品が取り上げられ、
会場でいきなりの取材に躊躇ばかりしていました。
プロデューサーに言われたのは、
「売名行為に徹しなさい!」。
日本人として生きてきた私にとって大ショックでした。
海外進出するなら、もっと自分を商品化することです。
今回、出展している人たちにも、
カタログは英語でとか、海外ならこの展示会をとか、
製造コストを考えると、この部品は海外でとか、
私の体験や情報を伝えました。
もっと、次世代にはいっぱいノウハウを伝える覚悟です。


tag: MoMA のキュレータ, 「DESIGN TOKYO」, 「日本から次世代デザイナー存在」, 国内コンペ, 売名行為、Accent on Design, 実力あるバイヤー, 次世代デザイナー


目次を見る

One Response to “「日本のProduct Desigerを日本から」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:00 AM on 5月 3rd, 2017

    [...] なりました。 禁断症状はデザインをし続けることを学んだことでした。 * 「日本のProduct Desigerを日本から」 * 『資本主義からの逃走』*「酒とタバコとゆで卵」* * 『伝統工 [...]


This entry was posted on 金曜日, 7月 8th, 2011 at 12:07 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.