kazuo kawasaki's official blog

「駅構内エレベーターについて」




車椅子移動は困難なこととても多いのです。
バリアフリー法や、ユニバーサルデザインブーム以前に、
ある国会議員の秘書の方と、
国土交通省に直訴したことがあります。
結果、当時の扇千景大臣が初めて東京駅を視察。
東京駅は敗戦直後の地下道が車椅子誘導に使われていました。
大阪駅も時折地下道(写真下)を通らなければなりませんが、
やがて改善されるでしょう。
大臣は地下道やその環境にとてもびっくりされ、
駅構内にエレベーター設置が、3年後から始まりました。
最近ではJRの駅構内にはエレベーターが設置されました。
ところがローカル線ほど駅員の方や、
エレベーター利用では、
駅員の方や他の乗客の方々にはマナーと親切さがあります。
大阪はじめ大都市でのエレベーター利用では、
乗客や駅員には親切心どころかマナーがありません。
このエレベーターを「我先に利用して憚らない人」は、
大都市ほど多いのです。
特に若者でカップルが荷物も無いのに平気で乗り込んでくる、
こんな場面になると私は注意をします。
最近は、スタッフやワイフも「刺されるかもしれないから」と、
心配してくれます。
ローカルの駅員さんは、
身障者や妊婦さん高齢者優先を告げてくれますが、
大阪駅は乗客のエレベーター利用のマナーは最低最悪です。
これが大阪の「倫理観無し、ひき逃げ事件多し」、
こんな事件多発につながっていると私は判断しています。
先般、新大阪駅構内で人身事故がありました。
結果、新大阪駅では駅員が北陸線ホームにはまったくいなくて、
発車時間優先のために、私は無理矢理下車させられました。
ホームと列車の間にはスロープが無ければ、
危険極まりないにも関わらず、無理矢理下車という危険さです。
間違えば、私自身がホームと列車の間に挟まる寸前でした。
当然に、抗議をしましたがその対応に呆れています。
JR西日本の体質が見え隠れしているのです。
今日、正式な謝罪が電話でありましたが、
私は、根本的な問題解決は、
もっと制度上にあると判断しています。
当然ながら、ハードとしてのエレベーターのデザインも
大きな問題があると思っています。
エレベーター設計とデザインは根本から革新すべきです。
折角私は車椅子に乗っていますから、気づくこと多しです。
これからは一段と高齢者で車椅子使用者は格段に増加です。
だから、ハードからソフトまでの「制度設計デザイン」を、
発言と提言、デザインを提案していきます。


tag: JR, エレベーター, カップル, スタッフ, スロープ, バリアフリー法, ホーム, マナー, ユニバーサルデザイン, ローカル線, ワイフ, 下車, 乗客, 人身事故, 倫理観無し, 優先, 列車, 制度設計デザイン, 北陸線, 問題解決, 国会議員, 国土交通省, 地下道, 大阪駅, 妊婦, 扇千景大臣, 抗議, 新大阪構内, 新大阪駅, 東京駅, 無理矢理, 環境, 発車時間優先, 移動, 身障者, 車椅子, 駅員, 駅構内, 高齢者


目次を見る

2 Responses to “「駅構内エレベーターについて」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 11月 4th, 2014

    [...] いい加減、プラットホームと列車のデザインはやり直すべきです。 「駅構内エレベーターについて」 『駅舎もさることながら、鉄道には育たない美学』 tag: プラットホーム, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:13 AM on 4月 6th, 2017

    [...] * 「随分改善された車椅子対応までのエピソード」 * 「駅構内エレベーターについて」 * 「新幹線ホームのエレベーターは再デザイン必要」 [...]


This entry was posted on 土曜日, 11月 5th, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.