kazuo kawasaki's official blog

「絢爛な九谷焼・日本陶磁器の将来」



北陸育ちの子供の頃から、陶磁器は九谷焼。
高校時代、故徳田正彦氏(金沢美大先輩)の
九谷焼には感動していました。

父は彼の作品収集家でしたが、
私も一輪挿しは彼のモノが大好きでわずかに持っています。
ワシントンの在米日本大使館入り口正面には、
三代目徳田八十吉作(正彦)の大皿が出迎えてくれます。

日本各地の焼き物に心惹かれるようになったのは、
50代になってからでした。
モダンデザイン一辺倒だった私にとって、
特に九谷焼の絢爛さに興味はありませんでした。
最近、有田焼産地で陶磁器に向かい合うようになって、
あらためて国内外の陶磁器をじっくりと観ています。
日本各地ではいわゆる作家モノでも、
伝統のはき違えや伝統技が衰退していると判断しています。
今年発表されたエルメスの新作陶磁器の「ブルー」は秀逸です。
加色が青系や赤系は、日本は負けているとさえ最近思っています。
洞爺湖サミットでは陶磁器の万年筆が記念品でしたが、
私は伝統技が残っているモノとは評価していません。

先般、「長谷川等伯・狩野派展」(出光美術館)で、
「古九谷」を観ました。そのまま金沢に行ったので、
あらためて「古九谷写し」が欲しくなり、
それなら日常食器はすべからく、
九谷焼にしようと思い買い込みました。
おそらく年齢がその考えを引き込んだのでしょう。
九谷焼は日本の最初の貿易品でした。
当時貿易されていた九谷陶磁器は、
まるでガラスのような半透明の薄さと、
その緻密な加飾技術は再現できるのでしょうか。

私自身、伝統工芸(打刃物・和紙・漆)に関わり、
デザインでの産地活性化を目指してきました。
今、陶磁器に関わりながら、
「絢爛豪華さ」を日本の美学から学び直したいのです。
日本の伝統工芸産地のあり方を、再度、
デザインが加担する事は熟考を要するでしょう。
伝統工芸産地で、デザイナーが加担しているのか、
デザイナー自らの存在性で産地を踏み台にしているのか、
これは「作品」=「商品」で明確に、自分の美学性で見極め、
駄目なモノは全否定批評しようと思っています。
なぜなら、そんな作家やデザイナーを見かけるからです。
私なりの「絢爛豪華さ」はやはり、日本の伝統工芸産地、
この文脈に回帰し、そして創造することになります。


tag: はき違え, エルメス, ガラス, デザイナー, ブルー, モダンデザイン, ワシントン, 万年筆, 三代目徳田八十吉, 九谷焼, 伝統工芸, 伝統技, 作品, 出光美術館, 加飾技術, 北陸育ち, 収集家, 和紙, 商品, 在米日本大使館, 大皿, 子供, 存在性, 打刃物, 故徳田正彦, 有田焼, 洞爺湖サミット, , 焼き物, 熟考, 産地, 絢爛, 絢爛豪華, 美学性, 貿易品, 長谷川等伯・狩野派展, 陶磁器, 高校時代


目次を見る

One Response to “「絢爛な九谷焼・日本陶磁器の将来」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 6月 16th, 2017

    [...] * 『狛犬をまた金沢から連れ帰る』 * 「絢爛な九谷焼・日本陶磁器の将来」 * 『京都というイメージ?、ブランド?、なのです』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 11月 6th, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.