kazuo kawasaki's official blog

「環境デザイン・定義枠付けが時代遅れ」




多分、1980年代後半から日本の大学に、
「環境デザイン系学科」が生まれてきました。
しかしそれは日本では、ほとんどが建築系が中心。
建築学科すら「環境デザイン」と名辞するほどになりました。
そこで、私は「環境デザイン」不要論を準備したことがあります。
理由は「環境デザイン」の対象が都市計画や建築空間と限定したからです。
例えば、KAIST=Korea Advanced Institute of Science &Technologyでは、
「環境デザイン」の対象は、情報とロボットです。
これは昨年亡くなったWilliam J. Mitchell氏、
MITの建築学部長だった彼が、
三つの著書でいみじくも指摘している「環境」をさらに「空間」として、
情報空間・人工空間・ロボット活動空間から再度、
建築や都市計画をとらえ直していることを考慮すれば、
まさに、情報とロボットが対象です。
まさしく私が発言してきた
Ambient Media Integration Spaceということになります。
したがって日本の、特にデザイン系大学での、
「環境デザイン」は再定義が必然だということになります。
ということは、今度は情報工学やロボティックス工学からも、
「環境」と「デザイン」を工学としてとらえ直すべきです。
私は、William J. Mitchellの「City of Bits」の書評を書きました。
それも建築専門誌の依頼で紹介もかねて書きました。
その本は「建築学会なんとか賞」を日本が与えたと思います。
日本の環境の定義は、とりもなおさず、自然環境から人工環境、
具体的には建築的空間になります。
しかし、環境ということ事態が変化変貌しています。
特に、3.11で私たちが想い知らされた日本の環境は、
今現在、もう一度熟考させられています。
William J. Mitchellは、
私はこの三冊で自分の役割が終わったとまで断言しました。
あらためて、三冊の書籍を紹介し、
「環境デザイン」の再定義の必然性を強調しておきます。


tag: 1980年代, 3.11, Ambient Media Integration Space, CITY OF BITS, KAIST, Korea Advanced Institute of Science &Technology, MIT, William J. Mitchell, ロボット, ロボティックス工学, 人工環境, 工学, 建築専門誌, 建築的空間, 建築空間, 建築系, 情報, 情報工学, 環境デザイン, 環境デザイン系学科, 空間, 自然環境, 都市計画


目次を見る

One Response to “「環境デザイン・定義枠付けが時代遅れ」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:36 AM on 10月 31st, 2017

    [...] * 「現代的アートが象徴していることは企業革新テーマ」 * 「環境デザイン・定義枠付けが時代遅れ」 * 『NeXTSTEP・OpenSTEPそしてMacOS Xと進化は無い』 [...]


This entry was posted on 金曜日, 12月 9th, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.