kazuo kawasaki's official blog

「ヘッドホン選別の私のポイント提案です」




Aurex時代に、ヘッドホンを
商品アイテム追加の企画をしました。
エレクトレットコンデンサーユニットで
ヘッドホン製品化です。
と同時に、手探りでヘッドホンデザインに取り組みました。
そしてAurexでは最も成功した商品展開になりました。
私にとってはプロになって最初にもがき苦しんだ経験でした。
人間工学として身体装着性、特に、頭部や耳殻周辺を学びました。
これが眼鏡フレームデザインの基礎になっています。
耳殻周辺の血管系とリンパ系を図解的に記憶しましたが、
博士号を取得してから、人体(死体)解剖で実際に確認もしています。
だから、ヘッドホンはどうあるべきかの私見を
明確に持っていると断言できます。
ベロシティタイプ(密封型)と
オープンエアータイプ(開放型)がありました。
以後この種別は進化してハイブリッド化したと思っています。
人間工学的には、自重と側圧の関係があります。
自重とはヘッドホン自体の重量です。
側圧は両耳への装着圧です。
この関係が意外とメチャクチャな設計が出回っていると判断しています。
この関係は自重と側圧は1:1か1:0.8が局部音場を耳殻周辺空間になります。
ヘッドホン自体、高額なモノは30万から数千円までの幅がありますが、
ヘッドホンをHiFi装置として
自分のパフォーマンス性で決定すればいいと考えます。
私自身は30点余り聴き比べて、現在愛用しているのは、
B&WとB&Oとを使い分けています。
両製品の徹底批評も心には持っていますが、私はデザイナーだから、
私自身のデザインが出来ればそれを書くことが出来ます。
さて、B&Wはクラッシックとボーカル、B&O はロックとジャズ系です。
これはそれぞれの音圧能率性能の設計ポイントが商品性になっています。
具体的には75dBあたりから90dBの音圧分布が
オープンエアー性能を決定づけるのです。
耳殻装着感覚に直ウレタン系と縫製ウレタンパッドの側圧が関係します。
したがって、自分の耳殻周辺音場づくりは
ヘッドホンの選別が決め手だということです。
そして、ヘッドホン選別は店頭では
耳に押しつけて試聴していてはわかりません。
耳に押しつけるのはベロシティタイプで試聴していることになります。
ともかくヘッドホンでHiFiを楽しむポイント探しが
オーディオライフなのです。
これが私のヘッドホン選別のポイント提案です。


tag: Aurex, B&, B&O, B&W, HiFi, アイテム, ウレタン系, エレクトレットコンデンサーユニット, オーディオライフ, オープンエアータイプ, オープンエアー性能, クラッシック, ジャズ, デザイン, ハイブリッド化, パフォーマンス性, プロ, ヘッドホン, ベロシティタイプ, ボーカル, ポイント探し, リンパ系, ロック, 両耳, 人体, 人間工学, 企画, 側圧, 博士号, 商品, 商品展開, 商品性, 図解的, 基礎, 密封型, 局部音場, 愛用, 成功, 批評, 死体, 眼鏡フレーム, 私見, 種別, 空間, 経験, 縫製ウレタンパッド, 耳殻, 自重, 血管系, 装着圧, 装置, 製品化, 解剖, 記憶, 設計ポイント, 試聴, 身体装着性, 進化, 重量, 開放型, 音圧分布, 音圧能率性能, 頭部


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 12月 23rd, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.