kazuo kawasaki's official blog

「書店の存亡・バーンズアンドノーブル」




電子出版と書店、この構造の進展は加速度的になっています。
とうとう米国でトップの大型書店経営が怪しくなってきました。
amazonの革新的なeコマースは、書籍だけでなく、
本当にもはや、デパートの存在も危うくさせています。
バーンズ・アンド・ノーブルには、
私は1週間通った経験があります。
学位審査での医学英語合格をなんとかしようと、
最適な参考書を選びにともかく渡米し通い方法を考えました。
手に入れたのは「Clinical Interview」系の医学書でした。
200ページから400ページの書籍3冊の中で、
ともかく一番薄い本を受験用にしたことがあります。
確かニューヨーク市内には4店舗あり専門分野毎の店舗でした。
医学書だけでなく、聴診器や医学臓器モデルも売っていました。
おしゃれな店舗もあって、いくらでも立ち読みもできれば、
店舗内にコーヒーショップもあり読書ができる空間でした。
電子出版というのは、なんともいまだに語感が慣れませんが、
私自身も「自炊」が当然になっていますし、
ほとんどamazonで書籍は手に入れています。
書店には大変に申し訳ないことですが、やっぱり便利です。
年末に京都寺町通りの大書店が無くなっていました。
これはとても大きなショックでした。
ああ、自分にも責任があるけれど・・・ごめんなさいです。
京都は学生が日本でも最大に多い街にも関わらず、
書店が無くなってしまったのです。
学生も書店・本屋通いはしないのでしょうか。
書店が街に残る手法は一つだけあるのではと思っています。
それはショップ構成と書籍のショーアップ戦略が必要でしょう。
デザイナーとしてプランは持っています。
バーンズ・アンド・ノーブルが電子ブックnookを商品展開始めた時、
私はこれでこの書店企業の終末が見えました。
まず、電子Book「nook」は全くデザイン的に何の魅力もありません。
単なるビューアーというプロダクトデザインというモノ、
その程度の経営意思決定力では競合勝負不可能です。
しかも、ダウンロード方式にも革新性はありませんでした。
つまり、21世紀に入って世界の構造が変革し始めています。
そして書籍という形式・形態、しかも
情報というコンテンツとコンテクストが変貌。
要は、今世紀、「情報」を核とした変貌や変革は、
世界構造をも変化させているのです。
「書店」は前世紀の街要素・知識情報の象徴になってしまったのです。
思い切った「書店形式」がデザイン的に必要です。
そして、電子Bookという安易なプロダクトデザインでは、
世界変革は困難どころか終焉に加速度を持たせてしまうということです。


tag: amazon, Clinical Interview, eコマース, コンテクスト, コンテンツ, コーヒーショップ, バーンズ・アンド・ノーブル, プロダクトデザイン, 世界変革, 京都寺町通り, 医学書, 医学臓器モデル, 医学英語, 参考書, 形式, 形態, 書店, 書籍, 知識情報, 米国, 終焉, 聴診器, 自炊, 語感, 象徴, 電子ブックnook, 電子出版


目次を見る

2 Responses to “「書店の存亡・バーンズアンドノーブル」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 5月 24th, 2016

    [...] ぎません。 ドクターはオーディオマニアであってほしいと思います。 *『書店の存亡・バーンズアンドノーブル』 *『災害時の衣・食・住・医・職・趣その不便と不安の解決』 *『看 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    11:52 PM on 7月 31st, 2017

    [...] 「時流の読書=信じないというスタイル」 「書店の存亡・バーンズアンドノーブル」 tag: Apple社コンサルタント, ファーブルの昆虫記, ボード, 原書, 図書館, [...]


This entry was posted on 日曜日, 1月 8th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.