kazuo kawasaki's official blog

「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」




詳細なデザイン造形をなんとしてもめざすこと。
私の造形の姿勢でありたいと考えてきました。
それは、ありえないことを徹底して考え抜くことです。
それこそ、言わば「想定外」。
「まさかそんなことはありえない」という表現です。
単純なことですが、そこまでは考えほしくない、
クライアントは求めていないことが多かったと思います。
それでも考えつかないことにまで、
自分を追い込むことは我が儘ですが生き方ゆえやむをえません。
「我」が、「まま」=そのままにして果てるまでです。
これは「ホイヘンス」と名辞した壁掛け時計にすぎません。
「ホイヘンス」は物理学者で「波動説」を唱えた人です。
しかし、ニュートンの存在が目立ってしまいました。
そして「振り子時計」の発明者であることも忘れられています。
だから私にはどこか親しみを感じました。
だから、「壁掛け時計」なら彼の名前を商品名にしようと考えていました。
そこで、「まさか」というのをたかだか壁掛け時計に仕込むには、
壁掛けでもあるけれど、置き時計にもなる、
そんな造形を自分に求めたのです。
それを私は「まさか」という大層なコトにまで風呂敷を広げたのです。
その造形はサイドビュー=側面表現に表すことができました。
無論、ユーザーにとってみれば、
これが「まさか」の表現だったなんてどうでもいいことなのでしょう。
そして、側面を見て選んでもらうこともないことは重々承知しています。
さらに、背面にはビス留めはまったく見えません。
私は「簡潔さ」という造形表現のポイントには、
ここまで自分を追い込んでいく姿勢が必要だと思っています。
そうして「振り子時計」である正面も
振り子とは思わせない動きを設計しました。
それが「ホイヘンス」への私なりの敬愛だと自分に言い聞かせてきました。
すでにこの商品はもう販売されていませんが、
私が「想定外」=「まさか」ということだと瞬時思い、
自分のデザインワークで想定外をめざしたのは、
この「ホイヘンス」だったと思い出したのです。
だから、きっとこれからも私が想定外をも
デザインに込める原点には
「ホイヘンス」という人物に通じていると納得しています。
彼の「波動説」は当時は、ニュートンの影に隠れてしまいましたが、
今再び、「粒子説」と「波動説」は想定内になっています。


tag: まさか, まさかそんなことはありえない, クライアント, サイドビュー, デザインワーク, ニュートン, ビス留め, ホイヘンス, 側面表現, 名辞, 壁掛け時計, 姿勢, 想定外, 我が儘, 振り子時計, 敬愛, 波動説, 生き方, 発明者, 簡潔, 粒子説, 詳細, 造形, 風呂敷


目次を見る

3 Responses to “「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:14 AM on 11月 2nd, 2016

    [...] * 『「真善美」をプラトンに教えられたから生きてきた』 * 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」 tag: CARNA, folding, アウトドアユース, インドアユース, カジュアル, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:21 AM on 4月 30th, 2017

    [...] * 『製品記号論で語り直す時代がやっと訪れた』 * 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」 * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:10 AM on 6月 6th, 2017

    [...] * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 * 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」 tag: 1960年, アンケート, コト, デザイン教育, デザイン評価, [...]


This entry was posted on 木曜日, 2月 2nd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.