kazuo kawasaki's official blog

「背面に仕組む製品記号論」




1980年代に米国から「製品記号論」が華やかに登場しました。
1989年・名古屋での「国際デザイン博・シンポジウム」で
私なりの製品記号論として発表した作品=商品です。
「お天気計」という8時間後の晴雨計です。
モノとしては一切の表示用語を消しています。
赤い玉は太陽を表し、青い玉は雨を表示、
ドーナツ形状は雲。
それぞれのインジケーターの点滅で晴雨を示します。
そして、背面に電池を収納しますが、いわゆる電池蓋はありません。
90度右回転させれば、電池ボックスが表れます。
背面にはまったくビスもありません。
徹底した「かたち」でその性能を示すこと、
それが製品記号そのものになることを意図した作品です。
残念ながら、この晴雨を気圧差で読み取る機構は手づくりです。
この機械式を手づくりする職人さんが居なくなってしまいました。
あらためて再現するには
センサーで電気回路設計が必要だと判断しています。
この製品が「かたち」=形態で表現した様々な要素と要因の「かたち」、
そして統合された「かたち」が製品となったとき「記号」=signareに
ようやく製品記号が現れます。
しかし、「かたち」というかたちはありえず、「記号」の集約にこそ、
論理=製品記号論が生まれるという私の造形デザインの一つです。
現代、日本製品にはすっかり忘れられている「かたち」の論理と造形、
あらためて強調しておきたいと思います。


tag: 1989年, お天気計, かたち, インジケーター, シンポジウム, センサー, ビス, モノ, 作品, 収納, 名古屋, 商品, 国際デザイン博, 太陽, 性能, 意図, 手作り, 晴雨, 晴雨計, 機構, 気圧差, 点滅, 米国, 職人さん, 背面, 表示用語, 製品記号論, 設計, , 電気回路, 電池, 電池ボックス, 電池蓋


目次を見る

One Response to “「背面に仕組む製品記号論」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:21 AM on 2月 16th, 2017

    [...] はやされている風潮では、 デザインの本質はねじ曲げられているのです。 * 「背面に仕組む製品記号論」 * 『「アプロプリエーション」という芸術手法はデザインに非ず』 *  [...]


This entry was posted on 土曜日, 2月 4th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.