kazuo kawasaki's official blog

「ウェリントンタイプ眼鏡など忘却すべし」




眼鏡には定番のスタイルがあります。
そして、流行的なファッションとして繰り返しています。
その代表が「ロイド眼鏡」=正円レンズと、
「ウェリントンタイプ」=上辺長・下短辺の台形レンズです。
おそらく最も安心できる定番スタイルです。
これを不易流行のモノと私は思っていません。
メガネフレームは時代との共時性があり、
こうした定番は、顔表示を古くさくする野暮さが、
時代的な流行時と共時しない限り、
そのまま自分のセンス放棄を顕示します。
だから不易流行のモノにはなりきっていないのです。
ウェリントンは日本人に似合っているというのは、全くの大間違いです。
顔幅の細さと鼻の高さが無ければ決して似合いません。
しかもそのリーダー的な映画スターたちに
現代性は無いとすら私は思います。
そして最もメガネフレームの
性能・効能・機能は「かけごこち」に終局します。
「ロイド」も「ウェリントン」も結局は、
フレーム自重を軽減不可能の構造であって進化することも不可能です。
我田引水ながら、
私の発明した「アンチテンション」は、すでに定番になってきました。
テンプルを広げても、レンズに応力はかかりません。
だから、瞳孔距離を変えませんので、乱視になることを防止できます。
このタイプ構造は真似られていますけれど基本的なかけごこちを失えば、
意味ありません。そのようなモノも氾濫しています。
2000年にシルモ・グランプリを受賞したモノとしては、
その軽量さ、体感重量、かけごこち、
そしてファッションの不易流行性は確約できます。
「アンチグラビティ」、『アンチテンション」、エアストリーム性など
表面的、装飾的な類似品を多く出ることで、本物が浸透するでしょう。
新たな素材開発と新たなフレーム構造構成を
さらに発明的な革新を狙い続けていくつもりです。


tag: 2000年, かけごこち, アンチテンション, ウェリントン, シルモ, スタイル, センス放棄, ファッション, フレーム, フレーム構造, メガネフレーム, モノ, リーダー, ロイド, 不可能, 不易流行, 代表, 体感重量, 共時性, 効能, 受賞, 古くさい, 台形レンズ, 安心, 定番, 性能, 我田引水, 日本人, 映画スター, 時代, 構成, 構造, 機能, 正円レンズ, 流行, 現代性, 発明, 眼鏡, 素材開発, 終局, 自重, 軽減, 軽量さ, 進化, 野暮, 間違い, 革新, 顔幅, 顔表示, 鼻の高さ


目次を見る

One Response to “「ウェリントンタイプ眼鏡など忘却すべし」

  1. najlepszy sextelefon
    3:26 PM on 10月 10th, 2014

    najlepszy sextelefon

    Kazuo KAWASAKI’s official Blog | 企望を「までい」実現へ


This entry was posted on 日曜日, 2月 5th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.