kazuo kawasaki's official blog

「誤謬へのシンボライゼーションプロトタイプ」




日本のインテリア界には大誤謬があります。
日本には「倚子」の歴史が無かった。
だから、イスを「椅子」と表記します。
私は徹底的に調べ抜いたことがあります。
きっかけは、ニューヨークのメトロポリタン美術館で、
ギリシア時代のイス=石で作られていたスツールと
中国の古代倚子を見てからでした。
日本では仏教伝来とともに、「倚子」が入ってきていました。
「禅家所乗物」・「高座」・「説教台」・「独榻」(トクタツ)・
「凳子」(テンス)、
このような呼称のイスがありました。
凳子は現在も中国語に残っています。
にもかかわらず、国内家具メーカーも、
イスの輸入商社も、日本にはイスの歴史が無かったと宣伝しています。
全く間違っています。
その結果が、「倚子」=人が寄りかかるではなくて、
「椅子」=素材である木に寄りかかるという表記になってしまったのです。
私の評論著作「倉俣史朗のデザイン・夢の形見」では、
彼の作品をイスとし、イス全般を「倚子」と表記すことに拘り、
編集担当の方にもこの歴史的事実を了解してもらいました。
そして、イスのデザインにおいては商品化が相当に難しい領域ですから、
あくまでも展覧会での招待作品として、
こうした日本の歴史性とともにプロトタイプを発表してきました。
とりわけ、イスのデザイン表現では、
彫刻的なまでの象徴性=シンボライゼーション=効能性が求められます。
したがって、イスにおいてはすでに、
歴史的評価デザインでインテリアが決定されています。
リートフェルト、ミース、コルビジェ、ジオポンティなど、
作家的なイス存在が空間の質を決定します。
「一脚のイスは一つの建築空間設計より難しい」と言われる所以です。
これが私のインテリア空間への基本的な造形デザインへの姿勢と態度です。
赤いイスは機能性表現であり、
その他は効能的な存在性の造形表現です。


tag: イスのデザイン, インテリア界, ギリシア時代, ジオポンティ, スツール, ニューヨーク, ミース, メトロポリタン美術館, リートフェルト, ル・コルビュジエ, 一脚のイスは一つの建築空間設計より難しい, 中国, 仏教, 倚子, 効能性, 古代倚子, 展覧会, 日本, 独榻, 禅家所乗物, 誤謬,シンボライゼーション, 説教台, 象徴性, 赤いイス, 輸入商社, 造形デザイン, 高座


目次を見る

2 Responses to “「誤謬へのシンボライゼーションプロトタイプ」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:22 AM on 5月 1st, 2016

    [...] *『電動車イスの効能的制度設計からの性能・機能デザイン』 *『誤謬へのシンボライゼーションプロトタイプ』 *『「闇に座す」=土・立、修辞学的な造形の込めた願い』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:08 AM on 11月 2nd, 2017

    [...] * 『理念という思想からの発明がデザイン造形を決定する』 * 「誤謬へのシンボライゼーションプロトタイプ」 tag: Chales Rennie Mackntosh, PDE, Product Design Engineering, [...]


This entry was posted on 木曜日, 2月 9th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.