kazuo kawasaki's official blog

「このサインペンその物が美しい」




デザイナーという職能になったことで、
「美しい」モノを常に人生に配置することができました。
とても幸運な生涯だと思っています。
この「ぺんてるのサインペン」とともにプロになってきたと思います。
このサインペンに出会ったのは東芝時代からです。
当時は、これほど色はそろっていなかったと思います。
黒一本で、0.6mm・0.3mm ・0.1mmを引くことが命題でした。
ロットリングや烏口を使わずして、
スケッチから図面までの使い勝手があります。
あらためてこのサインペン自体が「美しいモノ」です。
おそらく死ぬまで私の日常生活の傍らに在ると思います。
私は筆記具収集家だとも自負していますから、
万年筆から筆、スタイラスペンまでともかく見つめてきましたが、
このサインペンは格別に「美しい」と思っています。
今では、どれだけペン先チップを傷めずに
線が描きわけられるかが重要です。
本当に、デザイナーであるから
このサインペンが道具になっていることに感動し直しています。


tag: 0.1mm, 0.3mm, 0.6mm, ぺんてる, サインペン, スケッチ, スタイラスペン, デザイナー, プロ, ペン先チップ, モノ, ロットリング, 万年筆, 人生, 使い勝手, 命題, 図面, 幸運, 感動, 描きわけ, 日常生活, 東芝時代, 烏口, 生涯, , 筆記具収集家, , 美しい, 美しいモノ, 職能, 自負, , 道具, 配置, 黒一本


目次を見る

One Response to “「このサインペンその物が美しい」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 8月 16th, 2017

    [...] ます。 自分デザインのアイディアを試してみたいとすら思っています。 * 「このサインペンその物が美しい」 * 『iPad Airのスタイラスをまだ追いかけ、今の結論』 * ようやくPad [...]


This entry was posted on 月曜日, 2月 27th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.