kazuo kawasaki's official blog

「『SILK』Projectが示唆している重大さ」




金沢21世紀美術館での現代アートはいつも共時性があります。
それこそ美術館の社会的存在性=効能性にいつも驚愕させられるのです。
私は米国在住の日本人アーティスト・角永和夫氏の作品「SILK」は、
その制作から廃棄までというドキュメンタリーで
ジャーナリスティックな芸術表現の恣意性に呪縛されました。
9m*15mの漁網上に2万頭の蚕が
室温27度の中で三日三晩かけて平面繭を吐き続ける「家畜行為」を利用、
自然界を人間が制御することの
根源的な意味性を私たちに投げかけているのです。
私は、「自然との調和などありえない」、と主張してきました。
蚕・養蚕産業・家畜・人工的な改変・産業廃棄物
すべてを芸術表現とすることで、
人間、人工的行為と自然との対決観を見せつけられました。
この芸術表現の恣意性が
全く共時性があるということを熟考してみてください。


tag: SILK, アーティスト, ジャーナリスティック, ドキュメンタリー, 人工的な改変, 人工的行為, 人間, 作品, 共時性, 制作, 制御, 効能性, 呪縛, 家畜, 家畜行為, 廃棄, 恣意性, 意味性, 日本人, 根源的, 現代アート, 産業廃棄物, 社会的存在性, 米国, , 美術館, 自然との対決, 自然界, 芸術表現, , 角永和夫, 調和, 金沢21世紀美術館, 養蚕産業, 驚愕


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 3月 1st, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.