kazuo kawasaki's official blog

「海抜4mの日本列島で大丈夫だろうか」




3.11によって、私たちは多くの同胞を失いました。
そして、日本列島の脆弱さを存分に知らされました。
さらに、今回の震災によって、日本は地震だけではなくて、
津波に対する海抜高度も有していないことを知らされました。
南海トラフの詳細な調査では、
津波と地震が同時期に起こる予知さえ明らかになりました。
私は、日本列島を防潮堤で取り囲むという発想ではない
人工地盤づくりを提案しています。
しかし、これだけで津波に対抗できるわけではないことも知りました。
日本列島の「とち・つち・まち」づくりが重要だと考えています。
そのために、
「減災ライン=海抜4m」
「防災ライン=8m」
「救災ライン=12m」
「安泰ライン=16m」を考えました。
しかし、これでも間に合いません。
日本列島が地震だけでなく津波対策も十分にしていく
新たな発想が求められていると考えます。
まず、「とち」と「つち」から私たちの生活拠点の場を
再構築していかなければなりません。
3.11で失った御霊から教えられているのは、
私たちの住処である日本列島のあり方そのものだということです。
私たちは彼らの犠牲から何を学びとり、
新たな住処づくりをすべきかを再考しなければなりません。


tag: 3.11, つち, とち, まち, 予知, 人工地盤, 住処, 再構築, 南海トラフ, 同胞, 地震, 安泰ライン, 対抗, 御霊, 提案, 救災ライン, 日本, 日本列島, 日本列島のあり方, 津波, 津波対策, 海抜, 減災ライン, 犠牲, 生活拠点, 発想, 脆弱さ, 調査, 防潮堤, 防災ライン, 震災, 高度


目次を見る

One Response to “「海抜4mの日本列島で大丈夫だろうか」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 6月 12th, 2016

    [...] 負けるな!・泣くな!・生きるんだ!」を持ち合うことを提案します。 *『海抜4mの日本列島で大丈夫だろうか』 *『大雨・洪水・山崩れ・・・自然とは調和できない』 *『山は崩れ [...]


This entry was posted on 火曜日, 4月 3rd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.