kazuo kawasaki's official blog

「日本で最初のスクリプト体・恩師のデザイン」




日本の三大ホテルというのは、
帝国ホテル・ホテルニューオタニ、そしてホテルオークラです。
ホテルが国際的な国家の存在性を「空間論的」に明示しています。
ホテルオークラは、日本で最初の国際会議IMF総会が行われた舞台でした。
そのホテルオークラのロゴタイプデザインは、
私の恩師・平野拓夫先生(元・金沢美術工芸大学学長)の作品です。
そして、このロゴタイプが、
最初の日本人によるレタリングデザインとして国際性を表現したものです。
先般、日本のホテルの歴史をNHK-TV番組で観ていました。
ホテルオークラが建築・インテリアすべてに渡り、
敗戦直後の国際性を成し遂げていたというのを改めて知り、
しかも恩師のレタリングが建設中の工事現場に掲げられていました。
すぐに、先生に電話してデザイン経緯を初めて聞きました。
最近はしばしば先生の作品実現までをよく聞くことにしています。
まず、ホテルオークラは財閥解体後の国家プロジェクトであり、
官僚だったから仕事としてやらなければならなかったということです。
つまり卑近な話ですが、デザイン対価は無かったということです。
まず、米国のデザイン会社に国は発注したら、
そのデザイン料が政府の想像を超えるほど高額だったこと。
ところが丁度国費デザイン留学生第一号の先生のことを
その会社が政府に知らせ、
彼がすでに帰国しすでに官僚だった先生は、
ホテル建設にロゴタイプからインテリアなどに、
業務として関与せざるをえなくなったということでした。
日本のデザイン界において、
「平野門下生は工業デザイン界の大一画」を成していることは事実です。
そして、その門下生はすべからく、レタリングは当然のこと、
デザイン技法はとても厳しくトレーニングされています。
そのハードさの逸話はつきません。
私もそのハードさで鍛えられたからこそ「実技」には自信があります。
そして門下生であることの最大の重要性は、
「造形力」が日本ではトップランクに鍛えられているということです。
さらに平野先生の作品は、多岐にわたっていますがその詳細、
さらに先生の「造形教育手法」は一部しか知り得ていません。
日本のあの「グッドデザイン選定制度」づくりも
先生が創設者の一人でした。
私が「HIRANO DESIGN METHOD」を書き残そうと考えています。
大学人最後の仕事にするつもりです。
私は、京都ではホテルオークラを定宿にしていますが、
その度に、このレタリングを見ます。
そして自分も相当にレタリングでのスクリプト体が得意です。
そのことを自負できるのも門下生の一人だからです。


tag: HIRANO METHOD, TV番組, インテリア, グッドデザイン選定制度, デザイン対価, デザイン技法, デザイン料, トレーニング, ホテルオークラ, ホテルニューオタニ, レタリングデザイン, ロゴタイプデザイン, 三大ホテル, 作品, 国家, 国家プロジェクト, 国費留学生第一号, 国際会議IMF総会, 官僚, 工事現場, 工業デザイン, 帝国ホテル, 平野拓夫, 平野門下生, 恩師, 敗戦直後, 日本, 歴史, 財閥解体, 造形力, 造形教育手法, 金沢美術工芸大学学長


目次を見る

3 Responses to “「日本で最初のスクリプト体・恩師のデザイン」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:12 AM on 5月 28th, 2014

    [...] 「ヘルベチカは文字の結論になっている」 「日本で最初のスクリプト体・恩師のデザイン」 tag: Aurexマーク, C.I., JISマーク, 「JIS 」=日本工業規格, 「知性的審美眼」, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 4月 30th, 2015

    [...] 先生たちの後姿で、デザインを学んだと私は思っています。 「日本で最初のスクリプト体・恩師のデザイン」 tag: IMF国際会議, アノニマスデザイン, アノニマス性, デザイン留学生, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 6th, 2017

    [...] デザイン造形・造形デザインの「美」だと私は確信しています。 * 「日本で最初のスクリプト体・恩師のデザイン」 * 『まだ私デザインHOLAは動いているしかし無情合掌』 * 「 [...]


This entry was posted on 土曜日, 4月 14th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.