kazuo kawasaki's official blog

「30-Channel Programmable Stereo Systemは伝統工芸」




フリーランスになったとき、
これまで周囲の親しい人たちが急に冷たくなりました。
東芝関係で親交のあった人たちは、
私が東芝社員だったからやさしかった、
このことを思い知らされました。
しかし、本当に心ある人たちは私を支援してくれました。
その支援で、やりたかったことに投資というか浪費をしました。
シンセサイザー・4chデッキ・ミキサー などを買い込み、
現代音楽のようなものを作曲し、
その再生システムを本格的に造りました。
まだマイコンがようやく4bitの時代でしたから、
リレー回路でプログラマブルコントローラーと
30個のフルレンジでトーンゾイレタイプの
壁面スピーカーシステムを造りあげました。
これは2chに音楽をステレオ録音し、
2chで左右にどのスピーカーを鳴らすかという制御システムでした。
プログラマブルコントローラーは4800カ所ハンダ付けが必要でした。
それはまさに日本人のエンジニアが出来る「技」でした。
だから「伝統工芸」だと考えて、
当時、京都で行われた伝統工芸展に出品しました。
当然コンペ事務局から受け取れない旨の通知がありました。
それは想定していたことです。
やがて、このエピソードを残しておけば、
必ず「君の作品だったのか」ということになると想像していました。
それは意外と早く訪れました。
日本デザインコミッティで
「デザインフォーラム銀賞」をいただいたとき、
コミッティのある先生が京都でのコンペ審査委員でもあったので、
その話をしたとき、
「あれは君の作品だったのか」ということになりました。
さらに、このシステムを当時「ビデオアート」が騒がれ初めていたので、
ギリシアの現代音楽とビデオアートコンペにも出品しましたが、
見事に落選しました。それでも一向に構わない、
いづれ私はそのアーティストにもなれるはずだとうぬぼれていました。
シェーンベルクやクセナキスに憧れがありました。
だからシンセサイザーで作曲し録音し、
さらに30個のスピーカーで自動演奏させるシステムづくりに、
デザインで得たデザイン対価はすべて注ぎ込んでいました。
今や、当時のシンセサイザーはiPadのアプリになっています。


tag: 2ch, 4bit, 4chデッキ, iPad, アプリ, アーティスト, エピソード, エンジニア, ギリシア, クセナキス, コンペ, シェーンベルク, システムづくり, シンセサイザー, ステレオ録音, スピーカー, デザイン, デザインフォーラム銀賞, ハンダ付け, ビデオアート, フリーランス, フルレンジトーンゾイレ, プログラマブルコントローラー, マイコン, ミキサー, リレー回路, 事務局, 京都, 伝統工芸, 伝統工芸展, 作品, 作曲, 先生, 再生システム, 出品, 制御システム, 壁面スピーカーシステム, 審査委員, 対価, 想像, 想定, 憧れ, , 投資, 支援, 日本デザインコミッティ, 日本人, 東芝, 東芝社員, 浪費, 現代音楽, 自動演奏, 落選, 親しい人, 親交, 通知, 録音, 音楽


目次を見る

One Response to “「30-Channel Programmable Stereo Systemは伝統工芸」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:21 AM on 1月 29th, 2019

    [...] 知っているから出来るということを分かってもらえるでしょう。 *30-Channel Programmable Stereo System * tag: 16ch, 30個, CM, KORG, アナログシンセサイザー, エレキギター, [...]


This entry was posted on 月曜日, 4月 23rd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.