kazuo kawasaki's official blog

6月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



6月25日 丁巳(仏滅)


単なる陳列台であっても、
仕掛けられた発想から実際となって、
しかも、
私の趣味的判断であっても、
この「光の棚」には、
クラマタの時代からの次世代への
未来予感と二重光源となる
「面光源」の想像力が
「面光源」=審美性を持っているからである。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』9造形された形式


tag: 倉俣史朗のデザイン, 光の棚, 川崎和男のデザイン金言, 面光源


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 6月 25th, 2012 at 1:00 PM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.