kazuo kawasaki's official blog

「最も、障がい者の存在を描いた画家」





オランダ・フランドル地方に画家がいました。
その画家はピーテル・ブリューゲルです。
彼はその当時のルネッサンス華々しさを多分知らずに、
一般的には「農民生活を描いた画家」として有名です。
ところが彼の絵画には多くの障がい者が描かれています。
彼の描写力はほとんど写真的な写実正確性があります。
だから、障がい者はいっぱい存在していたと思います。
当時はそんな彼らを周囲はどう見護ってたのでしょう。
16世紀中頃です。
ただ、彼の絵は多分、そうした人たちの存在を、
ある種の教訓的な意味もあったという解説も見かけます。
しかし、私は人間には全ての人には、
外観の差異性が多様であることを描き分けたのでしょう。
それは、彼の農民生活を描いていた視線、
彼の眼差しの方向を詳細に見れば分かってくることです。
たとえば、農民の結婚式情景は、
どの方向から画面設定をしていたのかなどが実例です。
彼の障がい者を描いた絵を追いかけたメモを残します。
さて、この絵画にはどれだけ多くの、
どのような障害を持っていた人物がいるか、
確認をして下さい。


tag: 16世紀, オランダ, ピーテル・ブリューゲル, フランドル地方, メモ, ルネッサンス, 人物, 人間, 写実, 写真的, 外観, 多様, 差異性, 情景, 描き分け, 描写力, 教訓, 方向, 正確性, 画家, 画面設定, 眼差し, 結婚式, , 絵画, 視線, 解説, 農民, 農民生活, 障がい者, 障害


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 7月 1st, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.