kazuo kawasaki's official blog

「ブリューゲルが描いた盲目の人たち」





目の不自由な方・盲目の人を描いています。
この絵画には二つの意味があると言われています。
すべて盲目の人たちが列を成して歩いていると、
池の中に落ちてしまう、という構図です。
これは、盲目の人の行動を描いたわけではありません。
健常者が無知なまま行動すれば、
それも無知な健常者の集団が行動すると、
とんでもなく、まるで池に落ちるように、
大失敗するという、その教訓的な意味の表現です。
そして、もう一つは当時、盲目の人には、
これだけの種別があるという表現です。
まず、先天的な盲目の人と後天的な盲目の人、
それぞれの容貌が描き分けられていて、
当時の特に後天的な眼病の結果表情があるらしいのです。
まさしく、教訓的な意味の絵画性=教訓性は正解です。
というのは、特に、先天的な盲目の人は、
決して池に落ちるわけがないのです。
余程、健常者の人の方が、
見えず、感ぜずが確実に多いはずです。
白杖一本で、自分の歩行環境を感得する能力は、
健常者の人よりはるかに高いと思います。
ブリューゲルは、盲目の人たちが池に落ちるという表現、
それは無知なる健常者こそ盲目だということを教訓として
ずばり描き切っていると言うことです。



これは世界盲人会連合で1984年に制定された、
視覚障害者の人たちが安全やバリアフリーを考慮された
環境・機器・設備から信号機、書籍に表示されています。
しかし、このマークの機能性は私には不明です。
健常者に向けての注意喚起・思いやりの発揚でしょうが、
私はもっとデザイン精度を上げる表現知恵不足を感じます。


tag: 1984年, デザイン, バリアフリー, ブリューゲルは, マーク, 不明, 不自由, 世界盲人会連合, , 信号機, 健常者, 先天的, , 大失敗, 安全, 容貌, 後天的, 思いやり, 意味, 描き分け, 教訓, 教訓性, 書籍, 構図, 機器, 機能性, 歩行環境, 注意喚起, 無知, 環境, 発揚, 白杖, , 盲目, 盲目の人, 眼病, 知恵不足, 種別, 精度, 結果, 絵画, 絵画性, 考慮, 能力, 行動, 表情, 表現, 視覚障害者, 設備, 集団


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 7月 2nd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.