kazuo kawasaki's official blog

「『内部障害者マーク』の周知と普及を再デザイン」





身体障害者福祉法では次の七つが「内部障害」として、
認定されている制度です。

 1.心臓機能障害
 2.腎臓機能障害
 3.呼吸器機能障害
 4.膀胱・直腸機能障害
 5.小腸機能障害
 6.ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害=HIV
 7.肝臓機能障害

私は車椅子に乗っていますから下肢障害者です。
車椅子が明確に私が障害者だと周囲は認識可能です。
ところが、内部障害者は外見上はまったく識別不可能です。
だから私も心臓機能障害ですから、
そのことは外見上では予測すらできないでしょう。
飛行機に乗るとき、
身体検査であのゲートは通過することはできませんが、
毎回、ICD(植え込み型除細動器=心臓発作防止機器)保持者だと、
係員の方に告げることになります。
海外では証明書を提示します。
このマークは特定非営利活動法人ハート・プラスの会が、
内部障害者を証明するマークですが、
その具体的なモノは何も普遍的には存在していません。
私はこのマークをさらにブラッシュアップor再デザインで、
アプリケーション=バッジ・ワッペン・アクセサリーなどを
まずは故郷福井の「内部障害者団体」に提供し、
国内・国外にも展開をしていきたいと考えています。
以前から気にはなっていましたが、
先般、福井の団体で講演をして、
皆さんからも強く要望されました。
デザインは難しそうです。


tag: ICD, アクセサリー, アプリケーション, デザイン, バッジ, ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害=HIV, ブラッシュアップ, ワッペン, 下肢障害者, 内部障害, 内部障害者マーク, 内部障害者団体, 再デザイン, 呼吸器機能障害, 小腸機能障害, 心臓機能障害, 植え込み型除細動器, 肝臓機能障害, 腎臓機能障害, 膀胱・直腸機能障害, 証明書, 身体障害者福祉法, 車椅子, 飛行機


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 7月 4th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.