kazuo kawasaki's official blog

「2012『日本文具大賞グランプリ』は書くことの再確認」





第23回国際文具・紙製品展=ISOTは盛大でした。
今年度の文具大賞は、ひとつのエポックだったと思います。
私は審査委員長として、次のことを総評として表彰式で述べました。
アナログとデジタルの融合がスマートホンで開始しました。
文具メーカー(作り手)より、ユーザー(使い手)は、
明確に、自分の日常での文房具のアナログ生活と、
スマホやPC、デジタル生活を身体的に、
能力認識として使い分け始めたことです。
それはグランプリが機能部門もデザイン部門も「ノート」。
つまり、結局は「書く」という行為に、
文房=記述・記録・筆記を決定していることでした。
私は、紙と文具において日本はトップだと確信しています。
それだけに、Made in Japanを体現している業界です。
ただ、欧州のブランドメーカーに比べれば、
低価格商品が多すぎると私は常に思ってきました。
しかし、機能部門グランプリ=Premium C.D. NOTEBOOKは高価格で、
シルクのような紙質面と書き味は世界でトップでしょう。
日本だから、日本の紙質だから、という技術言語になっています。
さらに、デザイン部門のデイリー・プランナー“エディット”は、
日常的なメモがスマホゆえに、
あらためて、一日1頁への記述を大切にという製品企画が見事に、
現代的なアナログ性とデジタル性との使い分け、
「書く」という行為ゆえに、
一日をどう生きたかということまでを商品言語にしています。
ともかく、取材マスコミも格段に増加し、
国際展の風格が育ってきました。
まさに「文具は日本がトップ」ということを
会場いっぱいに活気がみなぎっていました。


tag: ISOT, JAPAN, Made in Japan, アナログ, グランプリ, スマホ, スマートホン, デザイン, デジタル, ノート, ブランド, マスコミ, メモ, メーカー, ユーザー, 世界, 企画, 低価格商品, 価格, 取材, 国際, 審査委員, 審査委員長, 文具, 文具大賞, 文房, 文房具, 日常, 日常的, 日本, 日本文具大賞, 書き味, 書く, 業界, 機能, 欧州, 現代, 生活, , , 融合, 行為, 製品, 製品企画, 言語, 記録, 認識, 身体, 身体的, 風格, 高価格


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 7月 5th, 2012 at 12:25 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.