kazuo kawasaki's official blog

「私のナイフの原点はナイフデザインの原典」





ハンティングナイフを馬鹿にしていた時期があります。
というより、このアイテムのナイフはナイフの刃より、
グリップで価値感が決定されていると思っていたことがあります。
ところが、「GERBER」だけは特別な存在でした。
なぜならこのナイフは常に素材・構造・仕上げが先進的だからです。
タケフナイフビレッジは、キッチンナイフの次には、
メンバーを刃物作家にしたいと考えました。
今では、ナイフ業界ではスター的存在もいます。
ナイフ系マガジンで特集を組まれたり、
毎年、米国のナイフギルドショーに出品し、
今では、彼のナイフマニアはロシアや中国にまで広がっています。
だからタケフナイフビレッジの次世代には、
ナイフ作家志望者もいますから、教えたいこと一杯です。
タケフナイフが知名度を持ったときには、
イタリアの銃器メーカーとのダブルブランド契約の話もありましたが、
二つの理由で辞めました。
まず、A&Tというので、Takefu&Aを主張しました。
そして、イタリアの刃物産地では、
刃先のビッカース硬さが低くとても品質精度がダメだったことです。
これは、如何に越前打刃物の伝統技が優れていることの証明でした。
けれども、この写真の「GERBER」は、
左から構造・チタン素材・カーボンケブラー素材です。
ともかく、次世代タケフナイフビレッジには、
こうしたナイフを超える、
ハンティングナイフ、キッチンナイフを
私は狙ってデザイン思考しています。
ナイフは道具の王様です。
それは「ナイフがあれば、次の道具を『作り』出すことができるからです。
ただし、現在は刃先60mm以上は持ち歩くことはできません。
そして、ナイフでせめて鶏程度は解体してほしいと思っています。
ハンティングナイフを使いこなすことは「大切」です。
「大切」というのは、刃物使いと密接な関係があります。


tag: GERBER, アイテム, イタリア, カーボンケブラー素材, キッチンナイフ, グリップ, タケフナイフビレッジ, チタン素材, ナイフギルドショー, ハンティングナイフ, マガジン, メンバー, ロシア, 中国, 仕上げ, 価値感, 刃物作家, 大切, 構造, 素材, 越前打刃物, 銃器メーカー, 馬鹿


目次を見る

2 Responses to “「私のナイフの原点はナイフデザインの原典」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 6月 17th, 2014

    [...] 「遊べるミニナイフ」こそ、道具の基本であることの再確認です。 「私のナイフの原点はナイフデザインの原典」 「再びナイフを真剣に眺めています」 tag: 60mm以内のナイフ, 9.11以後, TAKEFU [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 7月 1st, 2014

    [...] 「タケフナイフビレッジの次世代へ」 「私のナイフの原点はナイフデザインの原典」 tag: スイス製, デザインでの国際貢献, ナイフ=刃物, [...]


This entry was posted on 金曜日, 7月 13th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.