kazuo kawasaki's official blog

「私の財布はネットワーク・マネーとでも呼ぼう」





車椅子生活になって以来、
私はお金を持ち歩くということが全く無くなったのです。
これがいいことか、悪いことかというと、
金銭感覚が無い私には最悪のことだと自覚しています。
買い物は大好きだから現代は「便利な時代」になっています。
最も買う物というのは、「本」です。
フリーになったとき、赤坂でデザインスタジオを持ちました。
その時、「私バブル期」だったと思い出します。
一度100万円を持ってすべて使ってやろうと思い銀座に行きました。
結局、丸善で思いっきり本を買ったら10数万円でしかなく、
「お金」ってそのようなモノと割り切れたことがあります。
もし、私が世界一の大金持ちになったとしても、
私は「歩ける身体にはなれません」し、
もうあの世の「父母には逢えません」から、
これがお金というモノの限界です。
今、とりあえずはedyを使っています。
写真のedyは二種類あって、
プラスチックカード入れで最高5万円、edyカードで3万円です。
ともかく、8万円は使えます。
それも一ヶ月に一度程度、コンビニで使うぐらいであり、
大抵はスタッフたちや学生にこれを渡して、
飲み物や軽食を買ってきてもらう程度です。
「貨幣」とは、資本主義社会における重大なメディアであり、
経済システムの要です。
クレジットカードにしても、
「貨幣」の形式と形態はネットワーク・マネーと呼んでもいいでしょう。
ただし、こうしたネットワーク・マネーが日常的な価値、
すなわち、コンビニやファーストフードで使う場合と、
企業M&Aにてビリングシステムではツールです。
この差異性こそ、新たな経済学、あるいは経済システム、
この再設定制度とする論理は見つかっていないと思っています。


tag: edy, edyカード, お金, クレジットカード, コンビニ, システム, スタッフ, ツール, デザイン, デザインスタジオ, ネットワーク, バブル, フリー, プラスチック, メディア, モノ, リング, 世界, 世界一, 丸善, 企業, 価値, 便利, 再設定, 写真, 制度, 学生, 差異, 差異性, 形式, 形態, 思い出, 感覚, 日常, 時代, , 父母, 現代, 生活, 社会, 種類, 経済システム, 経済学, 自覚, 論理, 財布, 貨幣, 買う, 資本, 資本主義, 資本主義社会, 赤坂, 身体, 車椅子, 金持ち, 金銭感覚, 銀座, 限界


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 7月 16th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.