kazuo kawasaki's official blog

「緊急課題になった『リトルネッロ論』の再考と具現化」





このところ「危機」関連に囚われています。
3.11からこの「経験したこともない豪雨」や竜巻に及ばず、
社会環境・時代環境が取り巻いている「危機状況」です。
それは子どもの世界においては「いじめ」になっています。
虐め・苛め=「いじめとひらがな表記」がすでに、
わが国の曖昧さを
さらにだらしない社会にしてしまっているのかも知れません。
今私は「危機管理デザイン」に関して
重大なデザイン領域を間もなく発表します。
そこで、ドゥルーズとガタリが持ち出した
「リトロネロ」を再検討すべきだと強く思い直しています。
私は、倉俣史朗の評論のために、
この言葉と概念を中村雄二郎先生の「精神のフーガ」から学びました。
最近は、SNSが変貌させたデモに、
非暴力性やサウンドデモ形式の評論用語に、
「リトルネロorリトルネッロ」が登場します。
簡潔に言えば、
子どもが薄暗くなってきた自宅への帰り道で、
闇への恐怖感を押し殺すために鼻歌を歌って、
自分を勇気づける音楽のリフレインを意味しています。
要は、恐怖感を自分の中で、
鼻歌を歌うがごとくに解消しようという積極性を
与えていくことと言っていいでしょう。
私は、この哲学用語を倉俣史朗の「How high the moon」と題された
エキスパンドメタル製のソファデザイン、
その解釈と解説に適用させました。
ところが最近、わが国での新しい形式のデモや、
「危機管理」=命の護り方すべてにあらためて、
この言葉が哲学用語として
最重要なキーワードになってきていると実感しています。
まさに、「苛め・虐め」での子ども達の自殺は、
自殺教唆そのものであり、
自分の子ども時代を振り返っても、虐められた経験から、
自分はどうしてきたかを思い起こしています。
私は転校の度に、苛められましたが、
相手は大抵が集団です。一人っ子の私を虐めるのは兄弟たちでした。
だからその集団を分解して、一人一人にやり返す、
そんな途轍もない不気味さを演じて逃れていたと思います。
そんな時も、
どこかで「鼻歌をリフレイン」している自分を思い出すことができます。
絶対に、相手への恐怖感を与え直すことが重要ですが、
それよりも、自分を勇気づける「リトルネロ」を持つことが重大です。
「リトルネロorリトルネッロ」論を
現代の全ての危機管理の思考下敷きにできることを記しておきます。


tag: 3.11, How high the moon, SNS, エキスパンドメタル製, ガタリ, サウンドデモ, ソファデザイン, デザイン領域, デモ, ドゥルーズ, リトルネッロ論, リトルネロorリトルネッロ, リトロネロ, リフレイン, 中村雄二郎, 倉俣史朗, 危機, 危機状況, 危機管理デザイン, 哲学用語, 恐怖感, 時代環境, 社会環境, 竜巻, 精神のフーガ, 緊急課題, 苛め, 虐め, 評論, 豪雨, 非暴力性


目次を見る

2 Responses to “「緊急課題になった『リトルネッロ論』の再考と具現化」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 5月 28th, 2016

    [...] *『昨日大先輩は旅立たれた・栄久庵憲司氏から私の評価文』 *『緊急課題になった「リトルネッロ論」の再考と具現化』 *『ケトル・デザインへの好みの集中が不景気感になっている』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:17 AM on 11月 14th, 2017

    [...] * 『わが哲学の恩師・中村雄二郎先生』 * 「緊急課題になった『リトルネッロ論』の再考と具現化」 * 「 Media Integrationは「述語論理」だという確信・6 」 [...]


This entry was posted on 火曜日, 7月 17th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.