kazuo kawasaki's official blog

「憂国のパロールの思考定本から知ること」





祖国への憂国はずーっと心にありました。
特に、海外に出ると比較することができます。
良いところ、ダメなところ、必ず心に残ります。
それでも日本は素晴らしい祖国、
それなのに憂いは拭い去ることができませんでした。
当然です。
人は、生きていることが死に向かっている不安を、
そのまま祖国への愛着と重ね合わせることができる、
そんな知性と感性を人は持っているからでしょう。
友人・松岡正剛氏は「連塾」最後に25冊の書籍を紹介してくれました。
その中に、エドマンド・バーク「崇高と美の観念の起源」がありました。
本棚にありました。読んだ記憶はありましたが再読しました。
彼の近著「3.11を読む」をテキストに、
私は、この三冊を憂国のパロール、
いやナラティブ・セラピーとして選んでいます。
松岡正剛は、ポール・ヴィリリオ「情報化爆弾」を紹介しています。
私は「民衆防衛とエコロジー闘争」を挙げたいと思っています。
そして、ウルリヒ・ベックの「危険社会」と「世界リスク社会論」を
まずテキストにしておくべきと考えます。
「憂国」はすでに「対立」も「衝突」も
超越した思想の創出でなければなりません。
その思想らしきことに近接するデザインを
祖国=日本のためにと考えています。


tag: 3.11を読む, ウルリヒ・ベック, エコロジー, エドマンド・バーク, セラピー, テキスト, デザイン, ナラティブ, パロール, ポール・ヴィリリオ, リスク, 不安, 世界, 世界リスク社会論, 創出, 危険, 危険社会, 友人, 対立, 崇高と美の観念の起源, 思想, 思考, 情報, 情報化, 情報化爆弾, 愛着, 感性, 憂い, 憂国, 日本, 書籍, , 比較, 民衆, 民衆防衛とエコロジー闘争, 海外, 爆弾, 生きていること, 知る, 知性, 社会, 祖国, 紹介, 考え, 衝突, 観念, 記憶, 超越, 近接, 連塾, 闘争, 防衛


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 7月 18th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.