kazuo kawasaki's official blog

「どちらの『杖』を選ぶべきか、医学のシンボル」





先般、「ヘルメスの杖」を紹介しました。
そうしたところ、FBのFriendsのお一人から、
ヘルメスのシンボル性について、ご指摘を受けました。
私も選択には大変に迷った経緯があります。
ギリシア神話に戻れば、
二人の人物が登場します。
ヘルメスであるべきか、アスクレピオスであるべきか、
ということに行き着きます。
アスクレピオスはまさしく医学のシンボルということになります。
それは、ルーベンスが描いた絵には、
アスクレピオスが一匹の蛇を携えています。
したがって、医学を専門的な医療行為ととらえると、
必ず、一本の杖には一匹の蛇が描かれます。
ギリシア神話にさかのぼれば、
「アスクレピオスの杖」が
医学をシンボルにしているということになります。
ところが、アメリカ陸軍が医学を医療として、
その目指すところをさらに拡大したときには、
「一本の杖には、二匹の蛇と羽です」。
これは鳩の羽で医療はたとえ軍事であっても、
究極は平和を表すということで、「ヘルメスの杖」になります。
そうした指摘があったときから、
ギリシア神話での二人の役割を再確認しています。
この二本の杖=シンボルについては、
やはり相当な議論がありました。
たとえば、ヘルメスには商売や泥棒という話もあります。
しかし、ヘルメスは錬金術師ゆえ水銀を医療にも使用したとか、
交通通信まで彼の役割まで広範囲ということのシンボルになっています。
しかし本来、医学はアスクレピオスに限定されるということになります。
その代表が、国連マークと救急救命士マークには、
「アスクレピオスの杖」になっています。
私は、通信から医療や安全性までを考慮し、
「ヘルメスの杖」を選びました。
ちなみに、日本の防衛医大のシンボルは「ヘルメスの杖」です。
私は、あらためてギリシア神話などからのシンボルの引用や借用には、
本当に慎重でありたいと思っています。


tag: アスクレピオス, アスクレピオスの杖, アメリカ, ギリシア, ギリシア神話, シンボル, ヘルメス, ヘルメスの杖, マーク, 人物, 代表, 使用, 借用, 再確認, 医学, 医療, 商売, , 国連, 安全, 安全性, 専門的, 平和, 引用, 役割, 拡大, 救命, 救急, 救急救命士, 日本, 本当, 本来, 範囲, 経緯, 考慮, , 行為, 議論, 軍事, 通信, , , 錬金術師, 防衛,


目次を見る

2 Responses to “「どちらの『杖』を選ぶべきか、医学のシンボル」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 8月 3rd, 2012

    [...] あくまでも「アスクレピオスの杖」は、 医学のシンボル(A)ですから、 ルーベンスの絵画としても残っています。(B) [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    4:11 PM on 7月 12th, 2013

    [...] さて、このマークには、欧米でも解釈が未だに混同されている、 「アスクレピオスの杖」イメージとハート印を造形要素。 本来は「アスクレピオス」と「ヒポクラテス」が医療の象徴です。 [...]


This entry was posted on 月曜日, 7月 23rd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.