kazuo kawasaki's official blog

「ハングル=表音文字・その根幹にある意味性」





パソコンが登場したとき、
韓国語・ハングルが世界で最も有効な文字体系と言われました。
私は、「ことば」と「かたち」の相対論的な思考を
一つのデザイン手法にしています。
日本語・かな文字:漢字=表意文字→象形文字については、
かなり辞書的に覚えてしまっています。
アルファベットも本来の原典であるヒエログラフ、
26文字はすっかり記憶しています。
アルファベットは表音文字という認識がありますが、
本来は象形文字と考えるべきです。
まさか、ハングルにまで及ぶとは思ってもいませんでしたが、
スタッフに韓国の子がいて、徹底的に調べ直しました。
そこで、このような図解から
ハングル文字を「形態論」として組み立てる可能性がありそうです。
五行思想はそのままハングル文字要素に適用出来ると考えています。
無論、韓流ブームは私にも届いていますから、
「少女時代」か、「KARA」か、という論争は学生と大議論にもなります。
私?
そりゃ「少女時代」でしょう。
ということも含めて、
やはり隣国ですから、
韓国語はマスターしなければ行けないのかも知れません。
そういえば、昨年、一年でフランス語会話マスターを
学生たちに宣言しましたが、細々と続けている次第です。
だから、宣言はしませんが、
韓国本国よりもハングルがどう構成されて、
表意性が相当にあるかは、
絶対にマスターしておきたいと思っています。


tag: KARA, かたち, かな, ことば, アルファベット, スタッフ, デザイン, デザイン手法, ハングル, ヒエログラフ, フェニキア文字, フランス語, ブーム, マスター, 五大思想, 五行思想, 会話, 体系, 原典, 図解, 少女時代, , 形態, 形態論, 思考, 意味, 意味性, 文字, 日本語, 根幹, 構成, 漢字, 相対論, 表意, 表意性, 表意文字, 表音文字, 記憶, 認識, 議論, 象形, 象形文字, 隣国, 韓国, 韓流


目次を見る

2 Responses to “「ハングル=表音文字・その根幹にある意味性」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:13 AM on 1月 4th, 2017

    [...] * 『思考の「考」は思うことを経験が判断する』 * 「ハングル=表音文字・その根幹にある意味性」 tag: ことば, ふるさと, デザイン要素, 偉人, 十二支, 学者, 学説論, 漢字, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:02 AM on 9月 10th, 2017

    [...] * 『わが哲学の恩師・中村雄二郎先生』 * 「ハングル=表音文字・その根幹にある意味性」 tag: 4次元, Vo-Cal, Voice Calculator, アジア, ガア, グローバル, [...]


This entry was posted on 金曜日, 7月 27th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.