kazuo kawasaki's official blog

「随分改善された車椅子対応までのエピソード」





車椅子になって、新幹線での乗り降りには、
私には相当の闘いがありました。
東京から新幹線に乗ろうとしたとき、
かつては1時間前に駅に行かなければなりませんでした。
東京駅では業務用エレベーターで、
東京駅地下道・妙な臭いの空間を通るのです。
そこで、ある衆議院議員の秘書の方と
国土交通省に陳情に行ったことがあり大喧嘩をしました。
新幹線に限らず、
「駅長室」ここに駅長さんがいるわけではありませんが、
それこそ、抗議を随分やったものです。
国土交通省での私の戦闘論理は簡潔に仕組みました。
「海外から車椅子旅行者が、業務用エレベーターに乗せられ、
そして地下道、その臭いを知ったなら、日本のイメージががた落ち」。
当時の扇大臣が視察をされて驚愕されて改善計画が始まりました。
それから3年後に現在のエレベーターが設置されました。
米国のアムトラックでの車椅子対応と車両設計の合理性を
体験していたことが私の背景でした。
最近は、写真のようなホームから車両までのスロープが用意されています。
駅員の皆さんも大変に親切になりました。
それでも時に大駅ほどとんでも無い事態に遭遇します。
詳細は書かないでおきます。
しかし、私は、
このようなスロープでは限界がやがてくると想像しています。
飛行機での車椅子対応は、航空各社で多少差異がありますが、
最近では、必ず、車椅子の人に2~3組出逢います。
おそらく、これからはもっと、
車椅子使用者の列車利用が増えることは間違いありません。
おそらく、5組の乗降があったなら、
列車の停車時間内では対応が困難になるはずです。
車椅子対応の車両も北陸線「サンダーバード」では一組しかありません。
グリーン車内には車椅子巾がなければ乗降不可能です。
つまり、列車の車両デザインそのものを根本から変えるべきです。
ホームと列車間の隙間をスロープで解決している限界があり、
車両のトイレ洗面はもっと基本的ユニバーサルデザインが必要です。
こうしたデザイン設計できる
列車車両の次世代デザイナーに期待することです。


tag: アムトラック, イメージ, エピソード, エレベーター, グリーン, サンダーバード, スロープ, デザイナー, デザイン, デザイン設計, トイレ, ニバーサルデザイン, ホーム, ユニバーサルデザイン, 不可能, 世代, 仕組, 体験, 使用, 写真, 出逢い, 列車, 北陸, 北陸線, 合理性, 喧嘩, 困難, 国土交通省, 地下道, 対応, 差異, 想像, 戦闘, 抗議, 改善, 新幹線, 期待, 東京駅, 根本, 業務, 次世代デザイナー, 海外, 簡潔, 米国, 背景, 視察, 親切, 解決, 計画, 論理, 議員, 車両, 車内, 車椅子, 車椅子対応, 間違い, 限界, 飛行機, 駅員


目次を見る

2 Responses to “「随分改善された車椅子対応までのエピソード」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 4月 6th, 2017

    [...] 調はようやく元気になってきました。ご心配をおかけしました。 * 「随分改善された車椅子対応までのエピソード」 * 「駅構内エレベーターについて」 * 「新幹線ホームのエレ [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:46 AM on 7月 20th, 2017

    [...] * 『パリには車イス対応が最初から叶っていた!』 * 「随分改善された車椅子対応までのエピソード」 tag: 40年, Gマーク, MoMA, エスカレーター, サンクション, スキー, [...]


This entry was posted on 月曜日, 7月 30th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.