kazuo kawasaki's official blog

「印刷の未来はまだ来ない・・・なぜだ」





またワイフのコレクションを借りました。
「VISIONAIRE 48 MAGIC」には、
一言で表現すれば、3D印刷がいっぱい詰まっています。
3Dはすでに液晶TVでも実現されています。
モニターデザイン機器のデザインに関わってきて、
CRTから液晶モニターさらには
プラズマディスプレイにも関わってきました。
そして液晶TVが3Dになって一般化すると、
それこそ映画も3Dの立体的現実感に私は納得しました。
サッカー競技なども擬似3Dは結構迫力があります。
したがって、印刷技術での3D表現をそれなりにいろいろと見てきました。
ところが、Van Cleef & Arpelsが実現した
「VISIONAIRE 48 MAGIC」には見事な印刷表現がありました。
時折、印刷関連からも3D印刷が持ち込まれました。
無論、印刷と3Dといえば一つのラピッドプロトタイピングもあります。
しかし、この3Dではなくて、2次元平面にも関わらず、
「奥行き感が現実」な印刷物です。
たとえば、
ゴキブリが印刷面を眺める角度で動いているように見えるのです。
当然、パソコン画面でアニメーション的な3Dはすでに実現していますが、
あくまでも平面印刷面上です。
この平面2Dに、印刷された3Dがあるのです。
願わくば、製品デザインのカタログや作品集には
この印刷技術で作成したいと思っています。
だから、
いつもこの「VISIONAIRE 48 MAGIC」を印刷メーカーに求めても、
まだまだ一般化されません。
ということは、Van Cleef & Arpelsという高級宝飾ブランドにとっても、
この印刷技術の最高峰をめざすべく、
この「手本」としてVISIONAIREが作成されたのでしょう。
グラフィックデザイナーも、
アニメーションよりもまずこの技術表現に近づいてもらいたいものです。


tag: 3D印刷, CRT, Van Cleef & Arpels, VISIONAIRE 48 MAGIC, アニメーション, カタログ, グラフィックデザイナー, コレクション, ゴキブリ, プラズマディスプレイ, モニターデザイン, ワイフ, 作品集, 印刷, 手本, 未来, 液晶TV


目次を見る

One Response to “「印刷の未来はまだ来ない・・・なぜだ」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:23 AM on 2月 17th, 2017

    [...] * 『広報誌がまだジャーナリズムである』 * 「印刷の未来はまだ来ない・・・なぜだ」 * 『失われてしまっているジャーナリズムは雑誌に歴然』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 8月 16th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.