kazuo kawasaki's official blog

「机上の一本はスケッチ用万年筆」





正直、私の万年筆コレクションはそれなりです。
万年筆は中学入学祝いでパーカーをもらいました。
以来、大人になったらこれをコレクションにしようと思っていました。
フリーランスになってから、いつも選びに選び抜いています。
二人のアドバイザーがいました。
一人は万年筆専門店の女の子、店員さんでした。
万年筆談義が徹底的にできるとともに、
彼女にはお店を持ってもらいたいほどの知識があって、
教わることが多かったのですが、
今は辞められてしまいました。
残念ですが手紙をいただきます。無論、彼女は万年筆手書きです。
インクの選定がまたまた優れてイイのです。
今、購入するお店の社長さんからは、
笑いながら「バカですね」とか言われながらも、
真剣に選んで薦めてもらい、さらにコストダウンをしてもらっています。
もう一人いました。
文具大賞時の専門誌編集長には肝心なことを聞き出すことができます。
ともかく、
「スケッチ用万年筆」を発注して、条件がありすぎて断られました。
その時彼女が薦めてくれたのが
「DELTA ラ・チッタ・レアーレ1KS」でした。
DELTAといえば、ある映画で使われてブームになったブランドです。
さて、インクはDELTAもいいのですが、私としては、
どうも、スケッチ用に、パーカーのインクが向いていると感じます。
このところ、スタッフからのスケッチには、
ほとんどこの万年筆でラインやコメントを入れています。
自分の思いつきは、ほとんどはボールペンですが、
ようやくペン先が馴染んできたようです。
パーカー5thは優れたアイディアでしたが、
これよりは、DELTAのこれの方がスケッチに向いています。
「スケッチが描ける万年筆」は、
自分でデザインすべきかと思っています。


tag: DELTA, アイディア, アドバイザー, インク, コストダウン, コレクション, スケッチ, スタッフ, デザイン, ドバイ, パーカー, パーカー5th, フリー, フリーランス, ブランド, ブーム, ペン, ペン先, ボールペン, ライン, ラ・チッタ・レアーレ, 万年筆, 万年筆専門店, 万年筆談義, 中学, 入学, 大人, 女の子, 専門店, 店員, 徹底, 徹底的, 思い, 思いつき, 手紙, 文具大賞, 映画, 条件, 残念, 無論, 知識, 社長, 祝い, 編集, 編集長, 購入


目次を見る

2 Responses to “「机上の一本はスケッチ用万年筆」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 12月 26th, 2014

    [...] また、彼女から教えられました。 「机上の一本はスケッチ用万年筆」 『ブロッター・インクと吸い取り紙の関係』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:13 AM on 8月 7th, 2017

    [...] * 『描くこと=その神髄を決定づけているペンと紙』 * 「机上の一本はスケッチ用万年筆」 * 『見つけた1.3mm芯のシャープペンシルの効能性と機能性』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 8月 19th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.