kazuo kawasaki's official blog

「喧嘩とは、自分に売ることが基本だ」





私は、「喧嘩師デザイナー」だと自称もしています。
だから、誰にでも喧嘩を売るということで怖がられています。
デザイナーは喧嘩師であれ」でもしっかりと記述していますが、
まずは、「自分に喧嘩を売る」ことを
根本的な原則にしなければなりません。
喧嘩を売る、とはチャラけた言い方だと「自己啓発」でしょう。
「自己啓発」類の本やその著者は、
私に言わせれば、高校時代に出会っていれば殴っていたでしょう。
この系譜で言うと、「仲良しクラブ的なこと」は大嫌いです。
表向きのチャラけた連中を見る度に、
現在は公的立場でもあるからもの凄く我慢します。
チャラけた発言などはひたすら無視することにしています。
「腹が立つ」とは、武士道における「腹こそ心の在処」だからです。
「切腹」とは「腹=心」の清廉潔白さを
最終の自死をもって証明する美学的精進だと考えます。
しかしこれこそ、
「自分に喧嘩を売っている」ことにもつながっていますが、
今では許されない行為ですが私は認めています。
「自己啓発」なんて言葉自体がだめです。
せめて、「自己鍛錬」・「自己精進」です。
鍛錬と精進は、
仏教的な精神的な自己犠牲を強いる、これこそ「勉強」です。
心臓発作を経験する40代半ばまで、
「睡眠時間4時間」を自分に強いてきました。
それはほとんどが、読書とスケッチでした。
「本を徹底的に読む」・「スケッチを毎日描く」・「文章を書く」、
これが、私の鍛錬と精進の核心です。
だから、毎日ここでのブログも精進の一つの形式にすぎません。
私の毎日の記録は、手帖・メモ帖・スケッチ帳が、
鍛錬と修練の「喧嘩ツール」になっています。
なぜ「帖」であり、「帳」なのかも、
勉強ゆえに区別されるべき詳細な日本の美学の証なのです。


tag: スケッチ, スケッチ帳, デザイナー, デザイナーは喧嘩師であれ, メモ帖, 切腹, 原則, 喧嘩, 喧嘩師デザイナー, 基本, , 心臓発作, 手帖, , 武士道, , 腹が立つ, 自分に喧嘩を売る, 自己啓発, 自己精進, 自己鍛錬, 自死, 著者, 証明, 読書, 高校時代


目次を見る

One Response to “「喧嘩とは、自分に売ることが基本だ」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:16 AM on 5月 17th, 2016

    [...] *『刃物の地肌、その偽物氾濫が流行している』 *『喧嘩とは、自分に売ることが基本だ』 *『日本が貧乏になっていく、と思うのは・・・』 [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 1st, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.